« 七夕 | トップページ | 『眞説・光クラブ事件』 »

2005年7月 8日 (金)

コクドの本社ビル

○2005年7月8日(金)
 週に1-2度、車で事務所まで出かけている。車に搭載したナビは、青梅街道を行くように示すのだが、井の頭通りを行くことにしている。大型トラックの多い青梅街道より、ゆったりとした気持ちで運転でき、周囲の様子が身体全体で感じ取ることができるからである。
 原宿の駅の近くになると、コクドの本社ビルが見えてくる。このビルのファサードは、西武ライオンズのショップがある程度で、変哲のない、どちらかというと地味な雰囲気の建物である。高さも5-6階程度であろうか。
 しかし、車から眺めるこのビルの姿は違っている。ビル全体の外壁を覆っている黒っぽいガラスにの左側に、明治神宮の木々の緑が映し出され、左側には代々木の体育館、丹下健三設計のゆったりとしたフォルムの屋根が少し歪んで映っている。
 この景色を観る楽しみのために、車で通っているといっても過言でもない。時々、原宿の方から岸記念体育館のほうに向かうことがある。歩道橋の上からもこの景色が見えると思うのだが、余裕がないせいか観たことがない。
 表参道のケヤキ並木の両側には、ブランド・ショップが収まる全面ガラス張りの建物が景観を競っている。建築家が意を凝らした建物のフォルムは、観る者の目を楽しませてくれる。しかし、景観全体という視点から見ると、なぜ、ガラス張りなのかという建物も多いのだが、変哲のなく、平凡な姿のコクドのビルのもつ輝きに勝る建物はないと思っている。
 今朝、そのコクドの本社ビルが売却されるというニュースを聞いた。
 この建物の敷地の容積率はどの程度なのだろうか、建て替えられてしまうのだろうか。
 この建物のもつこの美しさにどれほどの人が価値を見いだしているのだろうか。
 今度、徒歩で、ゆっくりとこの建物の景観を楽しんでみたいと思っている。

|

« 七夕 | トップページ | 『眞説・光クラブ事件』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コクドの本社ビル:

« 七夕 | トップページ | 『眞説・光クラブ事件』 »