« 『嵐が丘』 | トップページ | 『オラショとグレゴリオ聖歌』 »

2005年12月11日 (日)

オールタイム・ミステリ・ベスト3

○2005年12月11日(日) 

オールタイム・ミステリ・ベスト3

 毎年、12月になると、ミステリ・マガジンの年間ミステリ・ベスト3のアンケートがくる。
 このアンケートのいいところは、集計しないところにある。作家、評論家、翻訳者など数十人のベスト3がコメント付で掲載される。従って、選者の個性がみえ、それ自体が読み物になっているし、選ばれる小説もヴァラエティに富んでいる。
 12月という忙しい時期にくるアンケートだが、ミステリ好きの仲間が見ると思うと、変なものは選べないという意識が働き、結構、真剣勝負の選択をし、コメントを書くことになる。
 今年は、16日が締め切り、今週は時間がなさそうなので、今晩、書くことにした。アンケート用紙が入った封筒には、今年1年間、といっても、雑誌の締め切りの関係で、昨年の12月から今年の11月までなのだが、1年間に出版された翻訳ミステリのリストが入っている。簡単な紹介文付きなので、この1年に読んだ本、読み落とした本を確認しながら選ぶことになる。
 今年は、このブログを書いているおかげで、何を選ぶか、コメントをどう書くか、というイメージもできているので、30分程度の作業でできるなと思っていたら、もう1枚、アンケート用紙が入っていた。
 ミステリ・マガジンが50周年を迎える記念特集でで、オールタイム・ミステリ・ベスト3を選ぶアンケート用紙であった。こちらの方は集計をするとしてしている。
 長編、短編、好きな作家のベスト3を選ぶかようになっている。
 1時間程度の時間でこれを選ぶのも大変と思ったが、集計をするということであれば、オーソドックスに選ぶしかないと、腹をくくった。
 年間ベスト3の方は、私のコメントも載るので、ミステリ・マガジンを読んでもらうことにして、オールタイム・ベスト3を次のように選んだ。

好きな長編ベスト3
① 『リトル・ドラマー・ガール』 ジョン・ル・カレ
② 『ウィチャリー家の女』 ロス・マクドナルド
③ 『 夜より暗き闇』       マイクル・コナリー

好きな短編ベスト3
① 『女か虎か』   フランク・R・ストックトン
②  南からきた男』 ロアルド・ダール
③ 『特別料理』   スタンリー・エリン

好きな作家ベスト3
① ロス・マクドナルド
② ジョン・ル・カレ
③ エド・マクベイン
 自分としては、非常に平凡な選び方だと思わなくはないのだが、オールタイムとなれば、相変わらず、クイーン、クリスティ、カーなどが登場してくるのだろうか、それとも、コリン・デクスター、P・D・ジェイムスなどが選ばれるのであろうか。
 このブログを書いていて、ローレンス・ブロックやマイケル・Z・リューインを入れてもよかったなと思っているのだが、それではどれを落とすのかなと考えだすと、落とすものがなく、結局、最初の選択に落ち着いてしまう。
 ただ、いえるのは、短編については、題名を覚えているのが、昔のものに偏っているので、ベスト3と断言するには苦しい選択である。

|

« 『嵐が丘』 | トップページ | 『オラショとグレゴリオ聖歌』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オールタイム・ミステリ・ベスト3:

« 『嵐が丘』 | トップページ | 『オラショとグレゴリオ聖歌』 »