« 『耽溺者(ジャンキー)』 | トップページ | 『隣のマフィア』 »

2006年1月24日 (火)

『究極のライフル ハイパーショット』

○2006年1月24日(火)
 『究極のライフル ハイパーショット』 トレヴァー・スコット 扶桑社文庫
 
”父は第二次世界大戦に従軍しており、ベトナム戦争やアメリカ政府のやり口に対する憤懣やる方なきわたしの思いを解そうとはしなかった。「そいつらにはもともと残忍な資質があったんだ。人間はそう簡単に変わるものじゃない。戦争は、その人間の持って生まれた性質を捩じ曲げるだけだ。人間の本性を剥きだしにする。目をそむけたくなるような面までさらけだされることはあっても、本性そのものを変えうるものではない。戦争にいけば、敵を倒さなければならなかった。それが仕事だからだ。だが敵や、あまつさえ一般の市民を拷問にかけたり、なぶり殺しにしたり、レイプしたりするのは仕事じゃなかったはずだ。そこが兵士と蛮人の分かれ目なんだ。もう忘れたほうがいい、チック」”(p398)

 ワイアット・ストームは、ミズリー州の山中でボウ・ハンティングをしているときに大麻畑を発見し、何者かに銃撃されるが、弓矢で撃退する。
 町の保安官に通報するが、保安課は殺され、大麻畑も消えてしまい、友人のチックが保安官殺害の容疑者とされてしまう。
 ストームは、アメリカン・フットボールの元スター選手であったが、都会の生活を嫌い、スター選手の地位を捨て、ハンターの生活をしているが、二度従軍したベトナム戦争の後遺症にとりつかれている。ようやく倒したベトコンが、14歳くらいの少女であったことが夢の中に現れるのである。
 友人のチックもまた、命を助けた少女を、上官に強姦された悪夢に取り付かれている。
 
 ストームがボウ・ハンティングの途中、大麻畑を発見し、ドーベルマンに襲われ、銃撃されるイントロの場面は、魅力的なタフガイ・ヒーローの誕生を予感させ、自然の描写も新鮮である。
 ただ、このヒーローは心情吐露が多い感が否めない。タフガイ・ヒーローが多くを語りすぎるべきではないと思っている。
 2001年9月11日の同時多発テロ以後、自由なアメリカが変質してしまったことを反映して、9.11以後のハードボイルド・ミステリも、9.11をどうとらえていくのか、手探り状態である。
 スコットは、よくもこれだけ、ヴェトナムにこだわっているかと感心しながら、奥付をみると、1993年の作とあった。
 あとがきによれば、スコットは、2001年には、スキー場のナイトクラブ経営者を主人公とする新シリーズを開始したという。
 9.11は、ヴェトナム戦争の記憶をも奪ってしまったのであろうか。この点を確かめるためにも、新シリーズを読んでみたくなった。 

|

« 『耽溺者(ジャンキー)』 | トップページ | 『隣のマフィア』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『究極のライフル ハイパーショット』:

« 『耽溺者(ジャンキー)』 | トップページ | 『隣のマフィア』 »