« 『隣の芝生はPon Poco Pon』  | トップページ | 『福音の少年』  »

2006年1月 8日 (日)

『高校サッカー』

○2006年1月8日(日)
 『高校サッカー』
 高校サッカーの決勝戦、鹿児島実業と野州の試合をテレビで観戦した。中学の息子は、サッカー部の仲間と国立競技場に出かけている。
前評判通り、パワー・ゲームを展開する鹿児島実業に対し、野州高校は独特のパス、ドリブルで、鹿児島実業の選手の動きをかわしていく。一進一退の試合は、延長戦の終了間際に野洲高校がヒールによるバックパスを起点に鮮やかなパスを展開して決勝点をいれ、勝負を決めた。
 高校サッカーを変えるというふれこみで、乗り込み、優勝した野州高校は、自在なフットワークで、鹿児島実業を翻弄していたが、バックパスを的確に決めるあたりは、相当修練をしたからこそのチームワークをと思えた。
 このサッカーを観たこどもたちに対する影響は大きいということは想像に難くないが、高校サッカーの指導者の胸中はどうであろうか。おそらく、野州高校のサッカーを苦々しく観ていた指導者も多いのではないだろうか。長時間の厳しい練習を経た鹿児島実業のサッカーこそ王道のサッカーだとする動きが目立ってくるような気がする。
 テレビで見えたシーンに限られるが、鹿児島実業の方がラフなプレーが目立った。その結果、イエロー・カードが多かったし、準決勝のイエローカードで決勝に出場できなかった選手もいた。イエローカードとされないプレーでも、気になるプレーが結構あった。
 テレビの中継では、その選手が決勝に出ていればという話題が何度かでていたが、イエローカードを出されるプレー、試合運びをもっと問題にするべきではないかと感じたのは私だけであろうか。 

|

« 『隣の芝生はPon Poco Pon』  | トップページ | 『福音の少年』  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『高校サッカー』:

« 『隣の芝生はPon Poco Pon』  | トップページ | 『福音の少年』  »