« 『ブックカフェものがたり』  | トップページ | 『西部劇を見て男を学んだ』 »

2006年2月28日 (火)

『日本全国おでん物語』『太もも版画展』 

○2006年2月28日(火)
  『日本全国おでん物語』新井由己 生活情報センター
   佐藤隆一『太もも版画展』 
 午後7時過ぎに、仕掛かり中の仕事が終わった。
 まだ、しなければならないこともあったのだが、いささか気力も失せてきていたので、『日本全国おでん物語』という本を書いているライターの新井由己さんが、一日だけのおでんの店「とことん亭」を開いているという神田小川町にあるSPACE NEOにでかけた。
 小川町の交差点から一筋入った場所にあるSPACE NEOの扉をあけると、奥に細長い板の間の空間で、奥に厨房に通じる小さなカウンターがあり、その奥で新井さんが働いていた。
 佐藤隆一さんの「太もも版画展」の協賛イベントとして、新井さんが、1日おでんや開いているというのである。
 佐藤さんは、山形で、有機の米作りをしているお百姓さんなのだが、エコロジーショップ「GAIA」の広報誌「かわら版」の表紙を毎月描いているという。象や熊をモチーフにした戯画風の木版画が20点ほど並んでいる。ほのぼのとしていて、後で、話をした佐藤さんの性格が素直に表現されている。
 農薬を使わない庭つくりを提唱して、NPOまでつくってしまった曳地さん夫婦がいたので、その席にいくと、佐藤さんが一緒にいた。初対面の佐藤さんに紹介され、しばし歓談。「太もも」の名前の由来をきくと、「もも」は、時間をとられないようにと、ミハエル・エンデの「モモ」からとり、ちょうど、そのころ、ハイレグが流行っていたから、「」太もも」という協同作業の会社を作ったという、本当なのか、冗談なのかよく分らない話であった。
 新井さんの作ったおでんは、いわゆるおでんだねではなく、大根やさつまいもをじっくり煮たというか、一晩、鍋で味をしませた、あっさり風のおでん味の野菜でした。ヘルシーでいいなと思いながらも、その分、日本酒をしっかり飲んでしまった。
 

|

« 『ブックカフェものがたり』  | トップページ | 『西部劇を見て男を学んだ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『日本全国おでん物語』『太もも版画展』 :

« 『ブックカフェものがたり』  | トップページ | 『西部劇を見て男を学んだ』 »