« 『コールドゲーム』 | トップページ | 『ワールドカップが夢だった。』[サッカーを見よう] »

2006年3月31日 (金)

『酔狂な日々』

  ○2006年3月31日(金)
      『酔狂な日々』

 親父の1周忌の墓参りのために、新幹線で豊橋まででかけた。親父の生まれた土地といっても、今は墓しかないし、兄と私だけの兄弟にとっては、直接、縁のある人もいない待である。
市役所の近くに寺が文字どおり軒を連ねている町の一角にあるひなびた寺に墓がある。記憶がはっきりしないが、何かのおりに、寺の移転が行われたために、このような町並みになったらしい。したがって、墓地も軒を連ねる寺の共同墓地となっている。
 昨年、新盆の際に墓参した。見知らぬ人であるが、近在の檀徒の人達が、寺の手伝いをしていた。
 このような光景をみながら、年に1回、ひなびた寺に、墓参りをするのも悪くないと思っっている。
 昨年、納骨のために、豊橋に行ったおり、『天に月、地に山』(豊橋市宮下町14 0532-64-3231)という居酒屋をみつけた。
 日本酒にこだわる店主の津谷さんとカウンター越しに話をしたときに、互いに、ミステリが趣味という話になった。
 その彼が、先日、私のブログを見つけて、書き込みをしてきたのである。
 彼は、映画、音楽、ミステリに入れ込んでいて、ブログ『酔狂な日々』http://backalley.way-nifty.com/sake/
 で、毎日、更新している。読みでのあるブログになっているので、興味のある方は、ご覧下さい。
 
 こちらは、忙しさというより、毎夜、読書の敵である酒に負けて、読書量も減り、ブログも書けないうちに、時が経つ日々を送っている。
 この店を知ったことにより、豊橋まで、出かけるモチベーションも沸いてくる。墓参りに来ないのではないかと心配していた親父も、喜んでいるのではないだろうか。

|

« 『コールドゲーム』 | トップページ | 『ワールドカップが夢だった。』[サッカーを見よう] »

コメント

感激です。わざわざ紹介してくださり感無量です。人の縁は素晴らしいものとよく言いますが、白井さんと知り合えたのは正しくその通りだと思います。また面白ミステリーの話を聞かせてください。

投稿: 天に月、地に山 | 2006年4月 6日 (木) 14時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『酔狂な日々』:

« 『コールドゲーム』 | トップページ | 『ワールドカップが夢だった。』[サッカーを見よう] »