« 『酔狂な日々』 | トップページ | 「娘に語るお父さんの歴史」 »

2006年4月 4日 (火)

『ワールドカップが夢だった。』[サッカーを見よう]

○2006年4月4日(火)
 『ワールドカップが夢だった。』杉山茂樹著、赤木真二写真 ダイヤモンド社

 サッカーをした経験はほとんどない。兵庫県の山の中にあった生野という町で小学生時代を過ごしたのだが、サッカーをしたという記憶は、珍しく大雪となり、野球ができない校庭で、サッカーをしたという程度である。
 家の近くの神社のある広場で、毎日のように、野球やソフトボールをしていた。学校の昼休みには体育館で、軟式のテニスボールを使って、素手でボールを打つゲームに興じていた。
 夏休み明けには、学校で地域対抗の野球の試合があった。4年生でレギュラーになるために、夏休みは練習に明け暮れた。ライトで、9番に選ばれたときはうれしかった。当時は、ライトで9番というのが、一番下手な選手の定位置であった。
 秋になると、夏の予選で活躍した県内の高校のチームを数校招待した大会が、町の郊外にある野球場で開かれた。草の上にすわって観戦したときの楽しさは今でも昨日のように思い出す。
 中2になった息子のサッカーの練習試合を時折、観にいくことがある。サッカーと野球とは文化が違うとつくづく思う。攻守が交代し、監督が細かく指示をする野球と、攻が一転して守となり、始まってしまうと監督の指示などないにひとしく、選手の一人、一人の動き、感覚がフィールドを支配してしまう。
 そのサッカーも、監督が変わると、チームの動きも変わり、生彩を変える。サッカーは生き物なのだとつくづく思う。
 
 杉山茂樹の『ワールドカップが夢だった。』は、サッカーのもつ魅力、魔力を語っている。日本から観ているサッカーとワールドワイドに観るサッカーの違いを、記者席というより、観客席という身近な視点から、語りかけてくる。
 日韓ワールドカップで、活躍した韓国の原動力、ドーハの悲劇として語られる対イラン戦の語られていないことなどなど、一段とワールドカップを身近に感じさせてくれる。
 
 この本には、6月に開催されるドイツ大会に行くと、7度目のワールドカップの取材となる赤木真二さんの写真がふんだんに使われている。
 試合の場面や選手や監督の写真もいいのだが、観客たちの写真がサッカーの別の魅力を伝えてくれる。最後の方に、車椅子に座る男性にまたがった恋人らしい女性が一緒になって、傘をさしながら、スタジアムでサッカーのを観戦している小さな写真がページの真ん中に1枚だけ載っている。
 その写真の下にあるキャプションに、
「サッカーが戦争だなんていうやつは、本当の戦争を知らないんだ。」(ズボミール・ボバン)とある。
 ぴりっと、小味の効いた配置である。編集者の息遣いも聞こえてくるようである。
 その赤木真二さんが、母校の自由学園の近くにあるギャラリー「play it again」で、写真展[サッカー見よう]を開催する。
 一段と、ワールドカップが身近になってくる。

  日時 2006年4月    15,16日
                21,22,23日
                              28,29,30日

  ギャラリー 「play it again
    (東久留米市学園町1丁目 0424ー24ー0135)

|

« 『酔狂な日々』 | トップページ | 「娘に語るお父さんの歴史」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ワールドカップが夢だった。』[サッカーを見よう]:

« 『酔狂な日々』 | トップページ | 「娘に語るお父さんの歴史」 »