« 『疑惑のアングル』 | トップページ | 『ライブドア監査人の告白』 »

2006年6月21日 (水)

 『カッティング・ブルース』 

  ○2006年6月21日(水)
   『カッティング・ブルース』 マイケル・Z・リュ-イン 理論社

 私のお気に入り作家の一人、マイケル・Z・リュ-インの新作である。
 第1章では、ジャッキー・クロスの親友ナンス・クーパーが殺され、ジャッキ-が英国に渡った犯人を追いかけ、船に乗る。1895年7月のことである。
 第2章は、ジャッキ-の祖母クローデットがみなし子となり、競売にかけられる。1826年のことである。
 奇数章では、男に扮してプロ野球選手となっているジャッキ-の冒険箪が描かれていくのに対し、偶数章では、孤児として競売にかけられ、競落した男とともに人里離れた山奥に住むことになったクローデットが、インディアナ・ポリス、ニューヨークにたどりつくまでの苦難の生き様が書かれている。息子のマシュー・クロスは、誕生したばかりのプロ野球の選手となり、その子どもがジャッキーということになり、ジャッキーの生涯とクローデットの生涯が重なり合っていく。
 重い雰囲気の復讐譚ではない。殺人を犯してしまったクローデットは男に扮して逃げるのに対し、野球をするために男に扮しているジャッキーが船上で追っ手から逃げるために女になるなどの対照の妙も面白いし、アメリカにプロ野球が誕生する時の様子が描かれたり、バッファロー・ビルやアニー・オークレーが活躍する西部劇ショー(ワイルド・ウェスト・ショー)が登場したりと、この時代が興味深く描かれている。

 孤児が労働力として競売にかけられるということも、今の感覚ではとんでもないということかもしれないが、孤児の命を助ける一つの方策であったのかもしれなかったのかなとも思った。
 イギリスでも盛んに野球が行われている様子には、本当かなと半信半疑で読んでいたが、著者の後書きによれば、イギリスで野球が盛んに行われていたことがあるとのことであり、1930年代にはプロ野球に入って登板した女性選手もいるという。
 19世紀後半のアメリカやイギリスに関心のある者にとっては、面白い1冊である。
 
 「探偵家族」以降、軽めの傾向の本が続き、もう、ーロイ・パウダーやアルバート・サムスン物を読むことはできないのかと思い、マイケル・Z・リューインのHP( http://www.michaelzlewin.com/   )を除いたら、アルバート・サムスンの新作の表紙がでかでかと出ていた。翻訳がでるのが待ち遠しいところ。

|

« 『疑惑のアングル』 | トップページ | 『ライブドア監査人の告白』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  『カッティング・ブルース』 :

« 『疑惑のアングル』 | トップページ | 『ライブドア監査人の告白』 »