«  『時をかける少女』 | トップページ | 『イノセント』 »

2006年8月31日 (木)

『東京ダモイ』

○2006年8月31日(木)
       『東京ダモイ』  鏑木連 講談社

 第52回江戸川乱歩賞の受賞作品である。今回は、早瀬乱の『三年坂 火の夢』との同時受賞である。
 随分前のことであるが、仁木悦子さんと話をする機会があった。何時のことかは覚えていないが、紀伊国屋ホールのロビーであったと思う。仁木さんは、車椅子に座っていた。 そのころの乱歩賞の受賞作の内容が今一つ小説としての面白みにかけるという話になった。仁木さんはこのように言っていたのが印象的であった。乱歩賞はボクシングの新人王決定戦なのだから、最後に残った人が賞をあげることに意味がある。多少、内容に問題があっても、新人を世に出すということに意義があるという。
 乱歩賞の季節になると、いつも、仁木さんのこの言葉を思い出す。

 仁木さんは第3回の乱歩賞を受賞している。第1回は「探偵小説事典」を書いた中島河太郎で、第2回が「ポケットミステリ」を刊行した早川書房であった。乱歩賞が、現在の新人作家を公募する形式となっての最初の受賞者が仁木さんである。仁木さんは、乱歩賞を受賞することにより、病弱であった少女がその後の小説家としての道に進むことができたという思いがあったに違いない。
 今回が第52回乱歩賞であるので、現在の形式の乱歩賞となって、50周年目ということになる。2作品の同時受賞ということは、2作とも優劣付け難く、落とすには忍びないということなのだろうか。今年の夏の甲子園でさえ、炎天下の再試合で決着をつけたことを考えれば、1作の受賞とすることでもよかったような気もする。
 ちなみに、受賞作品なしというのが、第6回、第14回、第17回とあるが、昭和46年の第17回が最後でその後はない。これに対し、第8回(昭和37年)の戸川昌子の『大いなる幻影』、佐賀潜の『華やかな死体』が最初の2作同時受賞であり、その後、第23回、第31回、第36回、第37回、第44回、第49回そして今回の第52回と増えてきている。同時受賞の功罪をゆっくりと検討していきたいと思っている。

 そのようなことを思いながら、先に手にしたのは『東京ダモイ』である。
 
 ”「帰郷(ダモイ)と。ソ連兵に東京ダモイ、と言われてここに来ました。しかし・・・自分たちは本当に内地に帰れるのでしょうか」”(p10)

 第2次大戦中、満州にいた日本兵は、戦争が終わると、満州に進攻してきたソビエトの捕虜として、シベリアに抑留された。1947年11月。ソ連イルクーツク州タイシェト地区・第53俘虜収容所(ラーゲリ)で、日本人中尉が首を切断される。日本刀のような鋭利な刃物で一刀両断のもとに切られているが、凶器は見つからない。
 プロローグを読みながら、いまさら、60年前のシベリア抑留の話かと思う気持ちと、「ある日系人の肖像」のような60年前の日系人の収容所を描いた佳品もあるからなと自分を言い聞かせながら、読み始めた。
 おりしも、日経新聞の連載「私の履歴書」の8月は、茶道の遠州流の宗匠の小堀慶州であった。この連載は、著名人が1ヶ月間、自分の経歴を語るのだが、多くの場合、幼少のころから青春時代までが、月の半ばあたりで終わり、それからは、自分の功績を語っていくというパターンが多い。しかし、シベリアに抑留された小堀遠州の「私の履歴書」では、25日を過ぎても、まだ、シベリア時代のことを書いていて、26日になってようやく、結婚をした30歳の頃の話になった。今、どうしても、語り残したいという思いが強いのだろうなという感慨にとらわれた。
 
 小堀慶州の「私の履歴書」と比較しながら、「東京ダモイ」を評するのは酷なのだが、シベリアの俘虜収容所の話もそれなりには書かれている、最近流行している自費出版の世界を通じて、俘虜収容所の話につないでいき、俳句の謎解きをからめての犯人探しとそつはないのだが、メインの謎となる日本に来日したロシアの老婦人の殺害と同行していた医師の失踪とのからみが今ひとつ釈然としないし、収容所の殺人のトリックも本当に可能なのかとつい思ってしまう。
 私自身、それほどトリックを重視してミステリを読む方ではないので、ことさら、トリックの問題を指摘するつもりはない。とすると、結局、主人公である出版社の社員の人物像が魅力に欠けていることが大きいのかなという気がする。

|

«  『時をかける少女』 | トップページ | 『イノセント』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『東京ダモイ』:

«  『時をかける少女』 | トップページ | 『イノセント』 »