«  『複眼の映像』 | トップページ | 『血と肉を分けた者』 »

2006年8月 7日 (月)

 『三十三間堂』『CASA BRUTUS日本建築、デザインの基礎知識』

○2006年8月7日(月)
  『三十三間堂』『CASA BRUTUS日本建築、デザインの基礎知識』

 豊橋にある親父の墓参りのついでに、京都まで足を伸ばした。
 気軽な気持ちで、足を伸ばしたといっても、京都の暑さはすごかった。泊ったホテルが、七条の三十三間堂のそばということなので、昨日、京都駅からは歩いて、行こうと思い立ったのが間違いであった。汗だくになって、ホテルに着いて、シャワーを浴びて、ビールを飲んで、一眠りすると夕方であった。
 京都にきたときは、朝、早く、一つだけ、寺社めぐりをすることにしている。後は、ゆっくりと、お店でコーヒーやビールを飲みながら読書をし、夜は、どこかのカウンターで鮭を飲む。これが、最近の京都での過ごし方である。
 朝食を済ませて、部屋で一休みをした。ホテルの目の前にある国立博物館は月曜なので休み。大陸風のゆったりした萬福寺に行ってみようかと思ったが、暑い中を歩く気がしないので、ホテルの隣の三十三間堂にでかけることにした。
 午前9時過ぎの三十三間堂の境内は、まだ、人も疎らであった。
 120mほどの長さのお堂の中央に、千手観音座像の左右に1000体の観音立像が並んでいる。そして、その前に、風神・雷神像と二十八部衆像の合計30体の像が並んでいる。1000体の観音像も壮観であるが、目の前に、鎌倉彫刻の国宝級の等身大の像が並んでいる様には圧倒される。28体の像の一つ一つに由来が書かれている。
 矢を右に掴む武人の姿をした金比羅王像は、ガンジス河のクンピーラ(ワニ)がインドの土俗信仰の中で水神として神格化されたものが、仏教に取り入れられ釈尊の守護神となったものであるという。これが日本の金比羅信仰につながっていったのだと思うと、インドと日本が悠久の時間のつながりをもっているのだということがあらためて感じる。ヒンズー教の神々もいる。仏師たちは何を参考にして、何を思いながら、このような像を彫っていたのであろうか。中国を介してであろうが、インドと日本は、日本人の心の中では非常に近い関係であったのだと思うと、現在の日本人にとって、インドも中国も非常に遠い存在になってしまっていることが不思議にさえ思えてくる。
 古(いにしえ)のことを大切にしようと叫んでいる人たちが、インドや中国とのこのようなつながりをどう感じているのだろうかと考えてしまった。
 これらの仏像は、すべて、金箔で光り輝いていた様を想像すると、一層、その壮観さが目に浮かんでくる。仏像が安置されているこの広大な三十三間堂も現在は、仏像同様、古色蒼然としているが、その昔は極彩色に彩られていた。かすかに残っている彩色から復元された絵柄を見ると、有田焼の絵柄に見られる極彩色の緑、青、赤などの彩られている。 当時、このお堂を訪れた人々が、ここに観音浄土の世界を観たであろうことは容易に想像できる。
 
 東京に戻り、『CASA BRUTUS』の特別号を『日本建築、デザインの基礎知識』を見た。朱色の大鳥居と社殿が蒼い海に浮かんでいる写真。厳島神社である。建築家の安藤忠雄が、「日本人が創ってきた建築空萬について、その魅力を挙げるなら、『壮大』のひと言につきます。」と語っていた。(この特別号は、文字が小さく読みにくいのが瑕瑾だが、ミーハー的に日本建築の見方、感じ方を教えてくれる。)
 
 この朱色、そして、あの金箔の荘厳さを素直に感じ取る力、想像する力こそが、日本人の原点だと再確認した。

|

«  『複眼の映像』 | トップページ | 『血と肉を分けた者』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  『三十三間堂』『CASA BRUTUS日本建築、デザインの基礎知識』:

«  『複眼の映像』 | トップページ | 『血と肉を分けた者』 »