«  『まほろ駅前多田便利軒』  | トップページ | 『眼を開く』 »

2006年10月29日 (日)

「虎の尾を踏む男」

  ○2006年10月29日(土)
           「虎の尾を踏む男」黒澤 明 監督

 久しぶりに、わが家で、DVDを観た。このところ、忙しかったこともあって、DVDを観ることがなかった。
 家でテレビを観るといっても、ケーブル・テレビでスポーツと映画を観るくらいであったが、途中で寝てしまい、映画も最初から最後まで見ることができない。
 DVDを観ていても途中で寝てしまうので、全部を見終わるのに、何日もかかることが多い。
 今日は、黒澤明の『虎の尾を踏む男』を一気に観た。といっても、この映画は、58分という短い映画なので、観ることができたのにすぎないのだが・・。
 黒沢のこの映画については、何の予備知識ももっていなかった。というよりも、どういうわけか、この映画を『野良犬』のような現代物のサスペンス映画であると思い込んでいた。
 大河内伝次郎、藤田進、志村喬らが扮する山伏姿で現われる。能の安宅、歌舞伎の勧進帳の話である。兄の源頼朝に疎んじられ、東北に落ちのびていく源義経の話である。北陸の安宅の関を守る富樫と弁慶のやりとりの名場面を歌舞伎そのままの筋書き通りに話が進んでいくのであるが、榎本健一を狂言回りの役に配し、ミュージカル仕立てにしているのである。
 この映画が、1945年という戦時中に作られたということが信じられなかった。セットもほんのわずかで、金がかかっていない映画であるが、作り手の精神が非常に贅沢な映画である。
 最後の榎本健一が踏む六方も歌舞伎の作法通りに決めていき、最後にこける様子だけでも一見の価値がある映画である。浅草の舞台の質の高さと、歌舞伎役者直伝の六方を会得したエノケンの芸の神髄を垣間見せてくれている。

|

«  『まほろ駅前多田便利軒』  | トップページ | 『眼を開く』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「虎の尾を踏む男」:

«  『まほろ駅前多田便利軒』  | トップページ | 『眼を開く』 »