« 『黄泉の犬』 | トップページ |  ひらいたかこ展「mystery before christmas」 »

2006年11月23日 (木)

『出生地』

○2006年11月23日(木)
        『出生地』 ドン・リー 早川書房

 1980年代の東京を舞台とするミステリである。
 在日アメリカ大使館領事部市民サービス担当オフィサー補のトム・ハーリーは、白人と韓国人の両親をもつが、民族的な背景を尋ねられたときは、ハワイ出身と答えることにしている。
 麻布警察署の警部補の太田健蔵は、11歳から14歳までセントルイスで暮らした帰国子女。不仲の両親の下で育ち、家庭でも、学校でも、職場でも、孤立し続けている。
 カリフォルニア大学の学生のリサ・カントリーマンは、外見は白人であるが、東洋人の血をひき、黒人の血が混じっている。
 トムは、米国にいるリサの姉から、東京にいるはずのリサと連絡がとれないで、行方を捜してほしいとの電話を受け、リサの所在の調査を開始する。太田もまた、米国大使館からの通報を受け、捜査を始める。
 1980年の物語である。大平首相の葬儀のために、ジミー・カーターが日本に来日した年であり、在イラン米国大使館が占拠され、ソ連がアフガニスタンに侵攻し、モスクワオリンピックのボイコット騒ぎのあった年である。
 この時代、冒険を求めて、世界を放浪し、東の果ての東京にたどり着き、夜のアルバイトをして、帰りの旅費を稼ぐ欧米の若い女性たちがたくさんいた。リサのその一人にすぎなかったのだろうか。
 東京の夜の街のフィールド調査をしながら、自分の出自を見つけようと東京を彷徨するリサの目を通して、東京の80年代の社会が映しだされていく。
 トムもまた、軍人であった父と韓国人の母のもと、世界のあちこちで子どもの時代をすごし、自分の居場所を見つけることができずに、大使館内での情事にうつつをぬかす生活を送っている。
 太田もまた、妻と離婚し、窓際の仕事に追いやられ、鬱々とした日々を送っている。
 この三人の目をとおして、リサの失踪事件が語られていく。

  ”モジョはやくざの組織における親分と子分の関係を解説した。新入りは、親分に対して永遠の忠誠と服従を誓う。その見返りに、明確な目的とあいまいさの入り込む余地のない階級制を持ったファミリーに属する安心感と保護を与えられる。”
  ”それが日本の経済システムの根幹を支えている。モジョはいっそう熱を帯びた口調でそう続けた。それがあるからこそ、自治体と民間企業の協調関係が成立する。独特の利益を共有する”族”、供給者と顧客の”系列”。すべての土台にあるのは忠誠心だ。”
                                 (p267)

 アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀新人賞を受賞したこのミステリの作者、在米韓国人のドン・リーは、いささか図式的ではあるが、1980年代の日本の社会情勢や東京の風俗を濃密に描いている。
 リーが現代ではなく、1980年代の東京を舞台としたのであろうかという感想が始終つきまとっていたのだが、最終章で、20年前に時代を設定した作者の意図が氷解して見えてくる。
 ミステリとしてみると、サプライ図・エンディングというほどではないが、日本の社会の構図がみえてくるあたりは、一時代前の「社会派ミステリ」の趣に似ているともいえるのだが・・・
 今の大学生からすると、生まれる前の時代のことである。カーター大統領や大平首相の名前を覚えている人も少ないだろうし、在イラク米大使館の占拠事件なども記憶の彼方にいってしまっている。
 ここで、描かれる日本の社会もまた、すでに、過去のものとなっているのだろうかと考えると、社会が大きく変わっても、まだ、しぶとく、残っている部分の方が多いのかもしれないという気もするのだが、それは、自分の世代を中心に見ているからにすぎないのだよという声も聞こえてくる気がする。

|

« 『黄泉の犬』 | トップページ |  ひらいたかこ展「mystery before christmas」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『出生地』:

« 『黄泉の犬』 | トップページ |  ひらいたかこ展「mystery before christmas」 »