« 『出生地』 | トップページ | 『エッシャーに魅せられた男たち』 »

2006年12月 2日 (土)

 ひらいたかこ展「mystery before christmas」

○2006年12月2日(金)
    ひらいたかこ展「mystery before christmas」
 
 ひらいたかこさんの個展「mystery before christmas」を見に、飯田橋にある「パペットハウス・ギャラリー」に出かけた。
 飯田橋の駅の近くの小路に入ると、右手にギャラリーがある。中に、入ると、紙や布で作られた立体の造形が、10個近く並んでいる。
 階段状に折ってある紙にトランプが舞っていたり、尖った鼻のピエロが黒い帽子のひさしに座ったりなど、ちょっと見には怖そうであるが、よく見ると愛らしい顔の人や動物の顔が並んでいて、それぞれに、ミステリアスな趣向が施されいる。壁にも、絵がかかっている。
 この造形を撮った写真がミステリー専門誌「ミステリーズ」の表紙絵に使われいるので、ミステリー・ファンにとってはなじみのある造形なのだが、実際に現物を見ると、写真とはまた違う印象である。写真では、背景の色遣いの工夫や柔らかいライティングに使われているからであろう。
 この文章を見ながら、ギャラリーが購入した2種類のポスト・カードを改めて眺めていたら、撮影をしたカメラマンとして2人の名前が印刷されていることに気がついた。Ito TakashiとKojima Atsushiの2人である。ひとことでいえば、Ito氏の作品はファンタスティックで、Kojima氏のはミステリアスな雰囲気である。題材の違いによるイマジネーションの違いかもしれないし、カメラマンの感性の違いなのであろうか、作者であるひらいさんの意図がどの程度でているのであろうかなどと、想像していると、興趣がさらにわいてきた。

 ギャラリーには、ひらいさんのパートナーの磯田さんもおられた。
 ひらいさんも、磯田さんも、初対面であるが、吉祥寺にあるミステリ専門店「トリック+トラップ」の戸川さんから、お二人の話を聞いていたので、初対面の気がしなかった。
 ひらいさんのクリスティの絵本は、「トリック+トラップ」で買い、戸川さんを通じてサインをもらっていた。
 磯田さんは、著名人の書斎を訪れ、その書斎の詳細な様子を凝った絵と文でなる「書斎曼陀羅」という本を出している。4-5年前のことであろうか、この「書斎曼陀羅」を、花巻温泉にある老舗の旅館のお土産売り場で買っていた。盛岡の出張の帰り、温泉にでも行ってみようかと思い立って、泊った旅館であった。持っていた本も読み終わり、手持ち無沙汰になっていたこともあったが、この本が何故、温泉旅館に置いてあるのだろうかと、思っていた。
 磯田さんに、その話をすると、ひらいさんと一緒に、宮沢賢治の取材に行ったおり、旅館の女将と親しくなり、その後、おつきあいが続いているとのこと。ただ、磯田さんの本が売り場に置いてあるということは知らなかったという。
 他愛もないことだが、これも縁というものであろうか。
 そのような話をしているところに、東京創元社の編集者が数人、ギャラリーに入ってきた。私の名前を聞いたIさんが、先日、私にメールを出したものだという。先日、亡くなった翻訳家の浅羽莢子さんがブログに書いた文章の転載したいので、遺族の了解を得てほしいという連絡をしてきた編集者であった。
 そんなこんなで、ワインをご馳走になり、楽しい時間を過ごさせてもらった。

|

« 『出生地』 | トップページ | 『エッシャーに魅せられた男たち』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  ひらいたかこ展「mystery before christmas」:

« 『出生地』 | トップページ | 『エッシャーに魅せられた男たち』 »