« 『再起』 | トップページ |  『すべて死にゆく』 »

2006年12月26日 (火)

『私のハードボイルド 固茹で玉子の戦後史』

○2006年12月26日(火)
     『私のハードボイルド 固茹で玉子の戦後史』 小鷹信光  早川書房

 小鷹信光は、1936年生まれである。私より一回り上になる。
 早稲田大学のミステリクラブに在籍している当時から、ハードボイルド・ミステリに魅入られ、以来、研究家、評論家、翻訳者そして実作者として、ハードボイルド・ミステリ一筋に生きてきた人である。
 その小鷹の書いた『私のハードボイルド 固茹で玉子の戦後史』が上梓された。表紙には、「HARD-BOILED,THAT’MY WAY」と英文表記がされている。
この英文表記にふさわしく、小鷹が学生時代に巡り会ったアメリカ文化、ペイパーバックの世界、そして、ハードボイルド・ミステリを第二次世界大戦の終結から現在に至るまで回想しながらも、ハードボイルドとは何かという永遠の命題を突き止めようとする。
 小鷹のアメリカ体験は、西部劇など映画、米軍の極東放送、米兵が日本に持ち込んだペイパーバック、リーダース・ダイジェストに始まる。
 一回り下の私にとっては、米軍の占領下という名残はかすかにあったが、「陽気なネルソン」や「サンセット77」といったテレビ放送がアメリカ体験であり、西部劇はリバイバル公開の時代であった。
 私が、早川ミステリ・マガジンの前身であるエラリー・クイーンズ・マガジンを読み出したのはいつ頃のことであろうか。都筑道夫が編集長であった007の特集号がでたころには、毎月の発売日を楽しみに待っていたのであるから、高校生のころであっただろうか。小鷹の回想を追いながら、いつしか、自分自身のミステリ遍歴・読書遍歴を追体験していた。そういえば、都筑道夫、生島治郎、常磐新平が編集長をしていた当時のミステリ・マガジンが、私自身のアメリカ体験の原点であり、その後の人生に大きな影響を受けたなどと、自分自身を振り返り、彼らに出会わなければ、もっと違った人生になったかもしれないなどど・・・。
 このようなことを書くと切りがないので、小鷹の本の内容に戻ろう。
 江戸川乱歩は探偵作家であるとともに、欧米の探偵小説を日本に紹介した功績が大きく、現代のミステリ小説の隆盛の基礎を作ったことは誰しも認めるところである。
 乱歩は、ダシール・ハメットを紹介するに際して、「フランスのアンドレ・ジイドが、ハメットの『赤き収穫』を、口を極めてほめ上げたのである。」(雄鶏通信)と書いた。日本の社会にいまだ認知を受けていないハードボイルド作家のハメットを紹介するために、アンドレ・ジイドの言葉を引用したのである。権威のある者がほめているというのは、新人作家を売り出すときの常套句であり、現在でも、書籍の広告や帯で、しばしば使われている。
 今まで、「アンドレ・ジイドがハメットをほめた」という言説をどれだけみただろうか。そのすべてが乱歩の上記の文章がもとになっていた。乱歩は、雑誌「世界」の記事をもとにしているが、その記事は、世界の記者がジイドとの「架空会見記」を創作したもので、乱歩が誤認し、その誤認情報が何度も引用されてきたというのである。

 小鷹は、ハードボイルドという言葉が、日本でいつ頃、どのように使われてきたのかということを追いかける。
 
 ”翻訳やエッセイも数多くものしてきた明治生まれの映画評論家、双葉十三郎が「ハードボイルド」というカタカナ英語を初めて用いて、レイモンド・チャンドラーの長編デビュー作『大いなる眠り』を映画雑誌に紹介した1946年が、日本のハードボイルド元年だった。」                            (p81)

 小鷹は、ハードボイルドという用語の使われ方を、双葉十三郎の映画評を集大成した『ぼくの採点評』(トパーズプレス刊)の丹念に探り、四〇年代末に公開された『ローラ殺人事件』、『裸の町』の2本の映画評に「ハードボイルド」が登場し、五〇年代には、18本の映画評に登場するという。
 故瀬戸川猛資が編集・刊行した『ぼくの採点評』には、私も若干かかわっているのだが、このような使われ方があったのかと感心するとともに、この用語を追いかける小鷹の気概がみえてくる。
 
 1955年に創立された早稲田ミステリ・クラブに小鷹も入部するのだが、射撃部に在籍した男がいた。大藪春彦である。彼は、学生時代に書いた「野獣すすべし」で鮮烈に作家としてデビューする。その様子を、間近に見ながら、切歯扼腕したりと、小鷹のミステリ遍歴は学生時代から始まる。
 私は、早稲田ミステリよりも前の1952年に設立された慶応義塾大学推理小説同好会に所属していた。ミステリ・クラブでは、毎年、早慶交歓会をしていた。瀬戸川猛資と知り合うきっかけになったのだが、ここに登場する早稲田ミステリの面々の話もよきくことがあった。
 私のハードボイルド・ミステリの遍歴は、小鷹の著作に影響されることが多かっただけに、小鷹の『私のハードボイルド』を読みながら、いつしか、自分自身の読書遍歴を追体験していた。

 

|

« 『再起』 | トップページ |  『すべて死にゆく』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『私のハードボイルド 固茹で玉子の戦後史』:

« 『再起』 | トップページ |  『すべて死にゆく』 »