«  『Gファイル 長嶋茂雄 黒衣の参謀』 | トップページ | 『フランク・ロイド・ライトとはだれか』 »

2007年1月21日 (日)

『My All』in 明日館

○2007年1月21日(日) 『My All』in 明日館 羽仁知治

 池袋の西口にあるホテル・メトロポリタンの裏側にある小道を抜けていくと、フランク・ロイド・ライトの設計になる明日館(みょうにちかん)がある。広い芝生の向こう側正面に中央棟があり、東棟と西棟が芝生を間にシンメトリーに建っている。
 緑青の銅板の屋根に、クリーム色というより肌色といった色の木造の建物が前面に広がる芝生の冬枯れの色に落ち着いたたたずまいを見せている。遠くには、池袋の高層ビルがかいま見え、池袋の猥雑ともいえる街のすぐそばにあるとは想像もできない静けさに満ちている。
 明日館は、帝国ホテルを設計したフランク・ロイド・ライトが設計し、1921年に自
由学園の校舎として建築された。1934年に、自由学園は東久留米の地に移転した後、この建物は、明日館と称されて利用されている。
 地面に接するように建てられた木造の建物は湿気のため、傷みがひどかったが、修復され、1997年に国の重要文化財に指定された。最近では、若い人たちにも人気で、結婚式の予約がたくさん入っているときいていた。
 今日も、正面の講堂で、結婚式が開かれているようで、礼服姿の人たちが三々五々建物を背景に記念写真を撮っている。
 中には入れなかったので、建物の外観を眺めながら散策した。
 明日館は、帝国ホテルの設計のために来日していたライトに、婦人運動の先駆者であった羽仁もと子、吉一夫妻が、女子教育のための校舎の設計を依頼したことにより、できたのである。ライトは中央棟の一部が完成した頃に、日本を離れているので、完成した建物を見ていない。そして、ライトは、この建物すべてを設計したのではなく、スケッチをもとに、ライトに師事した遠藤新が設計したともいわれている。
 現在、東久留米にある自由学園の建物群は、広い敷地に、木造の校舎が散在している。その多くが遠藤新の設計によるものと思われるが、建物のフォルムなどは、明日館にそっくりとなっている。
 明日館にあるショップを覗いていると、羽仁知治さんのお母さんに挨拶をされた。今日は、この建物で開かれる羽仁知治さんのジャズ・コンサート『「My All」in 明日館』を聴きにきたのである。
 私の母も自由学園の出身で、卒業後も、目白の明日館にはよく出かけていたのだが、私自身はここに来たのは始めてであるなどと羽仁さんのお母さんに話しながら、展示されている商品を眺めていたら、『フランク・ロイド・ライトとは誰か』(谷川正己、王国社)という本が気になった。購入して、ぱらぱらと読んでいたら、やたらと面白いので、読み終わったら、ここにアップしようと思っている。

  羽仁さんのコンサートは、道路を挟んで、反対側にある木造の講堂で行われた。この建物の重要文化財で指定されているらしい。中にはいると、正面向こう側に舞台があり、中央に、四人が座れる背もたれのついた木製のベンチが並んでいる。教会の雰囲気である、というより、実際に、教会として使われていたのあろう。使い込まれた木造の建物は非常に落ち着いている。
 左右の壁にある窓ガラスも、はめ込まれた桟が斜め非対称になっている。非対称ながら、非常に安定した心持ちをもたらす、透明感のある窓となっている。
 今日、ピアノをひく羽仁さんとは、昨年、赤木真二さんの写真展で知り合った。家が近所ということもあって、我が家で酒を飲んだりしている。吉祥寺のライブハウスで何度か、羽仁さんのピアノを聴いているが、午後3時という陽光の中、酒を飲まないで聴くのは始めてである。
 細いストライプ地のジャツ姿の羽仁さんに、大柄なベーシスト、クリス・シルバーステインのデュオである。住宅街に接した木造建物で、ドラムスが入ると苦情がでるというここで、私のお気に入りであるドラムスのスコット・レイサムは参加していないが、軽くファンクしながら、メロディアスなピアノがベースと静かにやりあうのも、さわやかな緊張感があって、この建物に雰囲気にあっている。
 スティングやジェイムス・ブラウンの曲の中に、自作の曲をまじえてであったが、昨年出したCDの表題作『My All』が楽しかった。
 
 羽仁さんは、1961年生まれの45歳である。羽仁という姓で分るように、自由学園の創設者の一族である。自由学園の初等部(小学校)時代に、オスカー・ピーターソンのピアノをテレビで聴き、ジャズに興味をもち、高等部時代には、バンド活動を開始し、を卒業すると、ジャズ・ピアニストとしてのプロ活動を開始したという。 
 ライブ・ハウスやコンサートでの活動の傍ら、加藤登喜子、田中健、つのだひろらのミュージッシャンとプレイをした。現在は、上田正樹ライブのレギュラー・メンバーとしてもピアノを弾いている。

 
 
 

|

«  『Gファイル 長嶋茂雄 黒衣の参謀』 | トップページ | 『フランク・ロイド・ライトとはだれか』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『My All』in 明日館:

«  『Gファイル 長嶋茂雄 黒衣の参謀』 | トップページ | 『フランク・ロイド・ライトとはだれか』 »