« 『ヒート・アイランド』 | トップページ |  『本業失格』  »

2007年2月22日 (木)

『名作写真と歩く、昭和の東京』

  ○2007年2月22日(木) 

          『名作写真と歩く、昭和の東京』 川本三郎 平凡社  

昭和を懐かしくとらえる本が書店の棚に目立つ。退職し、時間をもつようになった団塊の世代が、懐古的になっているからであろうか。 戦争は知らないが、戦後の貧しかった時代を知っている。東京オリンピックとその後の高度経済成長も肌に感じて生きてきた。バブル崩壊のつらさも味わった。

 リタイアーを目前にすると、我が身を振り返ってみたくなるのであろう。。 川本三郎は、日本を代表する写真家たちが写した東京の風景を手がかりに、変わってしまった東京を語っている。川本は1944年生まれであるから、団塊の世代より少し上の世代である。昭和の風景に懐古的になっているのは、リタイアを目前にしている団塊の世代ではなく、リタイアをしてしまったその上の世代なのかもしれない。

 『名作写真と歩く、昭和の東京』は、荒木経惟、木村伊兵衛からロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソンまでと、52人の名だたる写真家の写真と川本の文章が、A5版の本の見開きの2ページに収まっている。このように、写真家をくくることが適切なかどうかは分らないが、いずれにしても、雑誌のグラビアや写真集で見た記憶のある写真もあるし、初めて見る写真もある。 大きさ、厚さ、重さと、持ち歩くのに手頃なので、外出時に持ち歩き、暇なときに眺めていた。

 1枚、1枚の写真に、いろいろな思いが湧いてくる。見る人によって、その思いは異なってくるだろう。 東京の23区内に通うということはあっても、住んだことのない。そんな私でも、これだけの思いを感じるのだから、長年生活をしていた人が、なじみ深い光景を捉えた写真を見ることにより、もっと様々な感慨が湧くのだろうな思う。  1954年4月、来日したロバート・キャパが東京駅で撮った写真、スーツ姿の若い男女が寄り添っている。笑みを浮かべている女とズボンのポケットに手を入れた男、何を話しているのであろうか。その幸せそうな光景もまた、今では見られなくなったさわやかな雰囲気をたたえている。      日本の平和な世界を撮り終えたキャパは、その1ヶ月後、仏領インドシナ戦争の戦場に戻り、地雷を踏み、命を失った。この写真を撮ったキャパは、何を考えていたのかということを考えるだけで、胸がつまってくる。  同じく1954年、石井実が撮った池袋駅東口の写真、西武デパートも、パルコの建物はない。小学生の頃、横浜から池袋を経て、祖父の家に遊びに行っていた。今の西武デパートの上に、カルピスを飲む男の子のネオンを見た記憶がある。左手前に見える工事中の建物が西武デパートになったのであろうか。

 1969年、江成常夫は、瓦礫のころがる荒れ地の向こうに、東京大学の安田講堂の写真を撮った。安田講堂の屋上に旗が数本はためき、数人の人影が見える。安田講堂に立て籠った全共闘の学生と機動隊の2日間の攻防が始まる日の早朝の写真である。 当時、「自己否定」という言葉が流行っていた。豊になりつつある社会に漠然とした不安が根底にあった。 安田講堂での全共闘の学生と機動隊の攻防を野次馬としてテレビで眺めていた。全共闘運動とは無縁なノン・ポリティカルな学生であった私も、いつしか、大学を出て、大きな会社に就職をするという生き方に懐疑的になっていた。                    

  現在の若い世代は、否定的なことを忌み嫌い、ひたすら「自己肯定」する。ちょっとした言葉にも過剰反応し、拒絶しようとする。 「自己否定」の世代が「自己肯定」の世代を生み出したのであろうか。  この本を眺めながら、自己否定の世代から自己肯定の世代までの間に、日本はというより、日本人は大きく変わってしまったと再確認した。

|

« 『ヒート・アイランド』 | トップページ |  『本業失格』  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『名作写真と歩く、昭和の東京』:

« 『ヒート・アイランド』 | トップページ |  『本業失格』  »