« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

『市民ヴィンス』 

○2007年4月30日(月)  

     『市民ヴィンス』 ジェス・ウオルター 早川文庫  

アメリカには、証人保護プログラムと呼ばれる制度がある。マフィアの犯罪を裏付けるために刑事事件の証人になると、協力者は、罪を免れるとともに、報復をされないように、新たな土地で、新しい身元、名前で生活を始めることができる。 マフィアは仲間を売る裏切り者は許さない。草の根をわけても、捜し出し、始末しようとする。 証人保護プログラムを描いた映画やミステリは、シリアスなサスペンスに溢れるものから、ヨーロッパで生活を始めたがいいが、マフィアの性癖が抜けないことによる起きる大騒動のようなドタバタ喜劇調のものまで数多くある。 ジェス・ウオルターの『市民ヴィンス』は、ワシントン州のスポーケンというしがない街で、ヴィンス・キャムデンという新しい名前で、生活を始めた男の物語である。 「ある日、死んだ知人の数は、生きている知人の数を上まわる。」 (p9)  物語は、1980年10月28日、ヴィンスが死んだ知人の数にとらわれるところから始まる。ヴィンスは、ドーナッツ屋の雇われ店長として、ドーナッツを作る仕事をしているのだが、昔の稼業を忘れずに、クレジットカードの偽造の仕事を副業として行っている。但し、目立つようなことは一切しないようにしている。 1980年10月は、大統領再選を目指すカーターとレーガンが選挙戦を行っている頃である。『市民ヴィンス』が書かれたのは2005年である。読み始め、何故、1980年という時代設定にしたのだろうかという疑問がうきまとったのだが、次第に、カーターとレーガンが争った大統領選の意味がじわっとつきまとってくる。 ヴィンスは、新しい身分のもとで、初めて選挙権を行使する市民になる実感をもつようになる。新しい街での平凡な生活をして、全う市民となるために、大統領として、カーターを選ぶのか、レーガンを選ぶのかを考える。  ”ときどきわからなく。国民とは難なのか。善良で、賢く、正直で、慈悲深い者を嫌う国民とは、いったい何なのか。” ”いいですか。あなたは国民に自分たちの弱さを思い出させるのです。それが、問題なのです。” (p317) 大統領選の争点は、イランの米大使館に人質となっているアメリカ人の救出である。強攻策を主張するレーガンは、カーターを軟弱であるとする。カーターは、 ヴィンスは、マフィアの殺し屋に命を狙われていることを知り、マフィアとの過去を清算をしたいと考え、ニューヨークに出ていくのだが、そこで、思いがけないことを知る。  レーガンとの闘いを前にして、カーターは自らの政治的手腕を誇示しようとはせず、誠実に生きる道を選ぶ。 ”部屋に戻り、ワシントンに戻ることを告げよう。今日入っている予定はすべてキャンセルする。剣を抜くこともしなければ、勝利を宣言することもしない。真実を告げるのだ。われわれはまだそこまで達していない。” (321)  ヴィンスは、最後にこういう。 ”いいか。おれはなんの役にもたっていない人間だ。36歳にもなるのに、ドーナッツ屋以外では働いたこともない。でも、おれは投票をした。おれの一票はみんなの票と同じように数えられる。ほかの者にはどううでもいいことかもしれないが、おれにとっては大きな意味を持つことだ。” (p441) 1980年の大統領選挙で、レーガンが選ばれたのは、四年前の大統領選でブッシュが選ばれたことと重なってくる。イランとイラク、国を異にしているが、1980年の状況と今日の状況は似ている。どうでもいいような一票が、世界を大きく動かしていることを、この小説は静かに語りかけてきてくる。 派手ではないこのようなミステリがアメリカ探偵作家クラブ賞を受賞したということを知ると、アメリカも捨てたものではないと思ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

『制服捜査』

○2007年4月20日(金)

                             『制服捜査』 佐々木譲 新潮社

 佐々木譲の『制服捜査』は、広尾警察署志茂別町駐在所に勤務する川久保篤巡査部長を主人公とする連作ミステリ小説である。
 広尾警察署といっても、東京の広尾ではない。北海道警察本部釧路方面にある人口6000人の小さな町が舞台である。北海道の中でも、田舎の町である。東京と地方の格差も大きいのだが、地方の中心地域とそれ以外の地域の格差が大きくなっている。とりわけ、北海道は、札幌とその他の地域の格差は大きい。
 ホテルの最上階から眺める札幌は、高層ビルが林立していて、東京の景色と遜色がない。しかし、札幌から離れればはなれるほど、街並がさびしくなる。車で街中を通ると、人の気配を感じないことがしばしばある。西部劇映画のようなゴーストタウンを思わせる北海道の街は、碁盤の目のように道路が整然とできているだけに、余計、寂しさを感じてしまう。そのような町でも、人は生活し、様々なドラマがあるのだ。

 札幌の警察署で刑事課の捜査員をしていた川久保が田舎町の駐在所勤務となったのは、2年前の道警の不祥事のあおりである。不祥事といっても、川久保が関わったものではない。
 不祥事の発覚以来、道警本部は、一つの職場に7年在籍した者は無条件に異動となり、同じ地方で10年勤めると余所に移転しなければならないとされたためである。
 駐在所勤務は、普通は家族を伴うのだが、高校生の娘が2人いるので、川久保は家族を札幌に残しての単身赴任である。
 佐々木は、高校生の失踪、散弾銃で撃ち殺された牧場主、万引きをした少年、連続放火など、どこにでもありそうな事件を通して、北海道の小さな町の内実をあぶり出していく。 狭い人間関係であるが故に見逃されてしまう犯罪があり、その影で傷ついていく弱い人たちがいる。レッテルをはられてしまうと、小さな町では、それをぬぐうことは難しい。
 このような片田舎の町にも、研修生と称されて、低賃金で使われる外国人労働者がいる。
 
 道北にある人口4000人の町のさらに過疎の地域に、家族と10日ほど、生活をしたことがある。寝袋やキャンプ道具を持ち込んでの自炊生活をした。目の前にある国道を渡ると、駐在所があり、警察官の一家が住んでいる。小学生だった息子と同年齢の男の子がいおり、仲良くなったのはいいのだが、駐在所の住家に入り込んで、テレビ・ゲームに興じていた。都会の子も外で遊ばなくなったが、田舎の子も外で遊んでいない。それだけに、田舎の町は余計さびしく感じるのである。
 
 佐々木の『制服警官』は、北海道のどこにもある小さな町から、札幌、内地の世界につながっていく人間模様をしっかりと捉えた連作ミステリである。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

『狼花 新宿鮫Ⅸ』

○2007年4月14日(土) 『狼花 新宿鮫Ⅸ』 大沢在昌 光文社

 私の住んでいる街は、青山にある事務所まで電車で1時間近くかかる郊外にある。南口の駅前には、バス停やタクシー乗り場のあるロータリーがあり、スーパーなどの大規模小売店が2つある。大規模といっても、大きさとしては中規模の店舗施設であるから、郊外にあるの街としては大きくはないが、さびしいというほどの街ではない。
 北口にもバス停があるのだが、駅から少し離れたところにある。バス停や北側に広がる住宅地へ帰る人たちを客とする居酒屋がある。都心でも目にするチェーン店もあるが、個人経営の小さな店もかなりある。しかし、これといって、お薦めの店があるというわけでもない。
 このような街にも、ここ数年キャバクラなどに誘う客引きが目につくようになってきた。10年近く前に開店した当時から、顔なじみの居酒屋に、ときおり寄るのだが、その店に行く手前の四つ辻に客引きが立っている。聞かないふりをして、彼ら、彼女らの誘いの言葉をかけられるだけで、気分が萎えてくる。
 2-3年前は、2-3人の男が立っているだけで、格別、声をかけられることもなかったのだが、ここ1年くらいまえからであろうか、7-8人の男女がたむろって客引きをするようになり、通るたびに、声をかけられるようになった。
 駅前にある書店で、書棚を眺めて、裏の出口を抜けて向かうのだが、書店を出たあたりには、中国人の女の子がたどたどしい日本語で、「マッサージ、どうですか」と誘ってくる。
 東京都や警視庁は、風俗営業や犯罪がはびこる歌舞伎町など繁華街の浄化を進めていて、歌舞伎町のイメージも変わってきたらしい。歌舞伎町での規制が厳しくなり、風俗営業がなくなるわけではない。歌舞伎町を追い出された者たちは、郊外へ、地方都市へと場所を変えて、営業を続けている。
 静かであった郊外の街も、ミニ繁華街化し、猥雑な街になってしまった。遠くにあり、こちらから近づかない限り、縁のなかったものが、身近の日常的な存在になってしまった。

 アルミ製の柵やマンホールの蓋などの盗難のニュースも報じられることが多くなった。オリンピックを目の前にし、金属の需要高まっている中国に、盗まれた金属が流れているという。
 店舗から、貴金属が大量に盗まれる事件も目につく。外国人による犯罪であるといわれているが、大量の盗難の背景には、盗む者、盗品を引き取る者、国外に輸出する者等のシステム化、分業化があり、盗品を大量に捌く闇の市場の存在がある。日本の裏社会の協力なくして、闇市場を運営はできない。裏の社会も、日本の社会と同様に、資本主義化、グローバル化しているのである。

 大沢在昌の新作『狼花 新宿鮫Ⅸ』は、盗品を大量に捌く闇の市場の話である。
 新宿中央公園で、アフリカ系アフリカ人同士の喧嘩があり、二人が逃げ、けがをした一人が大麻を所持していた。喧嘩の背景に、大麻取引があるとみて捜査を続ける鮫島は、盗品の闇市場の存在を知る。
 2003年4月、警視庁は、急増する外国人犯罪とそこに結びつく日本人暴力団の摘発を目的として、組織犯罪対策部を設置した。公安部外事一課の課長補佐として、順調に出世の階段を登っていたはずの香田が理事官として、組対部に移ってくる。
 中国人の明蘭は、日本で金を貯めて、北京の大学にいくことを夢であったが、その夢も実現しそうになかった。深見は、明蘭の人柄を見込み、泥棒市場の運営を任せていた。

 ”暴力団には長い歴史がある。壊滅を掲げながら、警察は暴力団をこの社会から完全に駆逐できずにきた。暴対法の施行などが彼らの影響力を弱め、勢力図の再編をうながしたのは事実だが、一方で不法滞在外国人の増加と組織化が、犯罪の発生率を高め、検挙率を下落させている。
 当初、日本暴力だと外国人犯罪者は、その犯罪のフィールドを棲み分けていたが、対立を経て、互いに利用しあう最悪の環境が整いつつある。
 こんなことならば、暴力団だけに目を光らせていた過去のほうがよほどましだったと誰しもが考える。そこでまず、外国人犯罪者の徹底した取り締まりをおこない、関連する日本人を検挙していこうというのが、組対部を新設した目論見なのだ。”
                                        (p107)
 鮫島は、香田が、日本最大の暴力団稜知会に、泥棒市場を乗っ取らせ、コントロールすることにより、外国人犯罪集団の動きを把握し、外国人犯罪の排除を図ろうとしていることを知り、対立する。
 明蘭は、深見の自分に対する愛を感じながら、稜知会の幹部毛利を愛するようになる。稜知会が泥棒市場の支配をしようとしていることを知った深見は、泥棒市場と明蘭を守ろうと、動き出す。

 大沢は、鮫島と香田の対立の図式から、外国人犯罪、そして、政治権力と暴力団とのもちつもたれつの関係をあぶり出そうとしているのだが、図式的な観念論のぶつけあいとなり、小説としての興趣がそがれてしまう結果になってしまっている。
 大沢も、鮫島も年を重ねることによって、迷路に陥ったような気がする。鮫島と晶の行く末も気になるが、新宿鮫シリーズも行く末も気になることである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

『神奈川県立近代文学館』

○2007年4月13日(金)『神奈川県立近代文学館』

 20数年ぶりに、横浜の港の見える丘公園にでかけた。13日の金曜日の昼下がり、元町中華街の駅から、急坂を上がっていく。元町の通りの港側から港のみえる丘公園となっっている。その昔、夜な夜な、中華街にあるバーで飲み、バンドホテルに遊びにいったりしていた。そのころの記憶では、港のみえる丘公園は、上の本牧の方の港の景色を眺めることができるあたりだけだったと思うが定かではない。
 公園の奥の方に、神奈川県立近代文学館がある。
 文学館の入り口にたどり着くと、館長の紀田順一郎さんが迎えてくれた。
 慶應義塾大学の推理小説同好会は、13日の金曜日に総会を開くという13条からなる会則をもっていた。もっていたというのは、現在も、この会則が存続しているかは定かではないからである。
 私の世代から上のOBは、ここ10数年、この会則に則り、13日の金曜日の夜に集まっている。13日が金曜日という月は、毎年、1-2回ある。今年は、4月と7月に集まることになっている。
 いつもは、銀座にある同窓会のためのメンバーシップ制のクラブで、夜に開くのであるが、今回、横浜に集まることになったのは、同好会のOBが保管していた木々高太郎、江戸川乱歩らの直筆の原稿を文学館に寄贈するためである。
 直筆原稿の外に、エラリー・クイーン(マンフレッド・リー)、E・Sガードナーの署名の入った英文の書簡や乱歩賞受賞直後の仁木悦子からの葉書もある。
 英文の書簡にはレターヘッドがついている。クイーンのものには「QUEEN」というペンネームが、ガードナーのものにはサボテンの絵が印刷されている。レターヘッド付きの用紙に、タイプライターの本文と本人のサインというように、欧米の作家らしい風情がある。
 仁木悦子の葉書は、乱歩賞を受賞した直後のものである。差出人の住所として、仁木がカリエスで入院していた国立療養所となっている。
 原稿を保管していたのは、現在、テレビ番組の制作会社を経営している川村さんである。川村尚敬さんは、ミステリ・ジャンルでではNHKで放映された『新宿鮫』のプロデュースをしていたが、現在は、演劇がらみの番組をつくっている。川村さんが、学生時代に、同好会の機関誌「推理小説論叢」第13葺の編集に携わった。第13葺を、大学の創立100周年記念号としたので、クイーンやガードナーに機関誌に掲載するお祝いのメッセージを依頼したのである。クリスティからはこなかったということだが、クイーンとガードナーのメッセージは、昭和33年に発行された「推理小説論叢」第13葺に掲載された。
第13葺には、このほかに、木々高太郎、江戸川乱歩、日影丈吉らの文章も掲載されている。これらの原稿の所在が長らく不明であったが、数年前、川村さんが家の中の整理をしていたところでてきたとして、OB会に持参してきた。
 実は、私も、創刊当時の論叢に掲載された文章の原稿をOBから預かっていた。木々高太郎、江戸川乱歩、日影丈吉のものもあったのだが、長沼弘毅の原稿があった。長沼は、確か、ビクターの会長にもなった財界人であったが、シャーロッキアンとして有名で、何冊もホームズに関する本を書いていた人である。
 これらの原稿を寄贈しようということになり、何度か、OBの間で話し合った。大学の図書館には、雑誌「宝石」が揃っており、同好会の後輩が『宝石総目録』をつくっている。池袋にある「ミステリー資料館」、乱歩の出生地で、同好会の有志が遊びがてら訪れている名張市立図書館などが候補にあがった。
 同好会のOBで、神奈川県立近代文学館の館長をしている紀田順一郎さんに相談したところ、同文学館が引き受けてもらえることになり、今日、贈呈式ということになったのである。
 
 贈呈式の後、館員の案内で、文学館のバックヤード見学をした。
 主として、神奈川県ゆかりの作家が多いのは当然であるが、文学館には作家本人や遺族から寄贈を受けた多くの生原稿が所蔵されている。寄贈された原稿は、まず、消毒され、それから、専用の引き出しや箱に収められる。一般への公開は、デジタル処理をして行っているということである。
 箱が積まれている棚の間の通路を通り抜けただけで、ゆっくり、見ている暇はなかったが、ミステリ関係では、中薗英助の名前を付した箱が目についた。紀田さんの話では、早川のポケット・ミステリの装幀をした勝呂忠の絵も所蔵しているとの話であった。
 ついで、雑誌が並んでいる書庫を見学した。スライド書庫には、文学系の雑誌だけではなく、幅広く、一般誌も並んでいた。全巻揃いではなかったが、マンハントやヒッチコック・マガジン、宝石という雑誌も相当数並んでいた。
 近くにこのような文学館があり、散歩がてらに寄ることができたら楽しいのにと夢想していた。今度は、東京の近場にある文学館も行ってみたくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »