« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月14日 (月)

『ブラック・マネー』

○2007年5月14日(月)『ブラック・マネー』 ロス・マクドナルド 早川文庫 

  村上春樹訳の『ロング・グッドバイ』が売れているお陰で、書店の平台に、早川文庫の「誇り高き探偵たち」とする帯をつけたハードボイルド・ミステリが沢山並んでいる。 客の反応はどうなのであろうかと心配になる。ここで、売れなければ、ハードボイルド・ミステリの命運がつきてしまうのではないかと気になってしかたがない。。  小鷹信光がチャンドラーの『ロング・グッドバイ』はハードボイル小説ではなくなっていたのだと話していたのが頭の片隅につきまとっている。日本の読者は、半世紀の間、清水俊二訳による『長いお別れ』を読まされていた。チャンドラーを訳していた清水は、『かわいい女』、『高い窓』といった一連のマーロウ物の訳の調子そのものを『長いお別れ』に持ち込み、長い文体を、簡潔に、すなわちハードボイルド風に訳していたために、日本読者はハードボイルド・ミステリと思わされていたのだという。 正確に訳そうと試みた村上春樹の『ロング・グッドバイ』は、歯切れのよい清水俊二訳の『長いお別れ』よりも、2割方分量が多くなった理由である。  いずれにしても、『ロング・グッドバイ』の売れ行きの便乗であっても、ハードボイルド・ミステリに再度脚光があびるのは嬉しい。 中学生の頃から、ロス・マクドナルドに傾倒していた。15年前、息子が生まれたときに、躊躇なく、弓人と名付けてしまった。リュー・アーチャーのアーチャーである。 そのころから、ロス・マクドナルドについて、じっくり読み直してみたいと思っていた。この機会にと思い、書店の平台に並ぶ文庫本を買ってきた。 まじめに、時系列に読もうとすると、挫折しそうなので、手元にあるものを気ままに読んでいこうと考えた。 まずは、『ブラック・マネー』からで読み出した。  探偵のリュー・アーチャーは、モンテヴィスタに住むピーター・ジェミスンから、フランシス・マーテルの素性を調べてほしいと依頼される。 ピーターの幼なじみで、婚約者であったヴァージニア(ジニー)・ファブロンがマーテルと婚約をしてしまったのだ。 黒のベントレーに乗り、モンテヴィスタを訪れたマーテルは、家具付きの家を借り、会員制の社交クラブである<テニス・クラブ>に出入りするようになる。銀行には、10万ドルの預金をもっているという。 アーチャーは、マーテルの正体を探り、写真を撮ろうとする男に、マーテルが拳銃を突きつて脅している場面に遭遇する。 一方、ジニーの父親ロイは、賭博に手を出し、身上をつぶし、7年、入水自殺したという。 アーチャーは、マーテルの素性を探っていくうちに、ロイの自殺に疑問を抱くようになる。  ”「お金だけが人生のすべてじゃない」 「あたしもそういう考えだったのよ。こんなことになるまではね。あんた、自分は社会改良家だとでもおもってるの?」 「そうは思っていない、ただ、社会の悪と闘ってるまでのことさ。」 「あんたって妙なひとね、アーチャー。好きなものはなんなの?」 「好きなものは社会の人間だ。だから、多少なりとも彼らのために貢献しようと思ってね」 「それだけで生きていけるの?」 「すくなくとも、人生に悲観することはない。あんたも、一度、ためしてみるんだな」”                           (p322)  アーチャーが、真相に近づいたときに、金の在処を探してほしいとするキティとの会話である。 1965年にでた「ブラック・マネー」が翻訳されたのは、1968年7月のことである。 全共闘の学生が占拠していた東大の本郷キャンパスに機動隊が導入され、封鎖解除をしたのが1969年1月。私は、家のテレビで、安田講堂の攻防戦を眺めていた記憶がある。 私が通っていた大学も、キャンパスは学生により封鎖され、半年以上授業がなかったことがあった。  ビートルズは、Can't Buy Me Love「愛は金で買うことができあい」と歌っているシングル・レコードがイギリスで発売されたのが1964年のことである。   ショーン・コネリーが颯爽と登場した映画『007は殺しの番号』(原題は『ドクター・ノー』)が公開されたのが1962年である。 キャンパスを封鎖していた全共闘の学生は、ビートルズをくちずさんだり、007に夢中になる軟派の学生など認めていなかった。文科系のクラブを牛耳っていた全共闘の学生に、ミステリ・クラブに属していた私は、代表責任者会議で、釣りのクラブの代表者とともに、思想性がないと総括されそうになったこともあった。 全共闘に封鎖されている大学のキャンパスに行くこともなく、その周辺でうろうろしていた学生のひとりであったが、世界を共有しつつある気分を漠然と感じていた気がする。ただ、当時、それが何なのかは分っていなかった。  今に思うと、急速に豊かになってきた社会への懐疑心であり、不安感であったに違いない。   ロス・マクドナルドがリュー・アーチャーを通して語ろうとしていたのは、時代の豊かさを享受する若者たちに対する違和感である。ハードボイルド・ミステリというには、アーチャーの語る心象風景は感情的で直截的すぎるが、後年のロス・マクドナルドは、愚直なほど、豊かなアメリカの社会が引き起こす家族の崩壊した姿を描こうとしていた。 ロス・マクドナルドの世界は、私には理解しがたい面もあり、貧しかった日本の社会からは遠い世界の物語にもみえていたが、私にとっては、チャンドラーの世界よりも、ずっと身近な世界にみえていたのは確かであった。  時を経て、日本が豊かになるとともに、日本の社会もまた、ロス・マクドナルドが描こうとしていた崩壊する家族の姿が次第に顕わになってきた。  ようやく、ロス・マクドナルドの世界をもう一度、見直す時機がきたように思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

『氷結の森』

○2007年5月3日(木)

                               『氷結の森』 熊谷達也 集英社
 札幌から名寄に向かう「スーパー宗谷」の車中で、熊谷達也の『氷結の森』を読了した。
 東北を舞台にしたマタギの小説を書いていた熊谷達也の『氷結の森』は、樺太の鰊(ニシン)場の漁の光景から始まる。
 主人公は、秋田から北の果ての土地に流れてきた柴田矢一郎である。矢一郎は、40間、およそ70メートルの距離から、熊を撃つ腕をもつマタギである。日露戦争から1年半ぶりに帰還した矢一郎を待っていたのは、出征10日まえに所帯をもった嫁と生後一月の子どもであった。子どもの父親が幼なじみの友であることを知った矢一郎は妻を幼なじみと一緒になるようにと離縁したところ、妻は、幼なじみと心中をしてしまう。

 矢一郎は、故郷を捨てるとき決意したとき、二度と銃は手にしないと誓った。
   ”前線に立たされた戦場では、銃剣を装着しての白兵戦にならない限り、自分が殺した敵が誰かは、ほとんどわからない。”
 だが、矢一郎の場合は、
   ”狙撃したロシヤ兵が倒れるさま、いやそればかりか、苦痛に歪む顔、あるいは驚きに見開かれる眼球、通常の人間ならば見えないだろうそうした映像が・・・いくつも焼きついている。”
                                                              (P74)

 故郷を捨てた矢一郎は妻の弟である辰治の追跡を逃れ、ニブヒ族のラムジーンの助けを借りて、シベリアに渡ろうとするが、辰治は、ラムジーンの娘のタイグークを連れ去ってしまう。
 タイグークを取り返そうと、矢一郎はシベリアのニコラエフスクにたどりつく。

 ニコラエフスは、ハバロフスクが約1000キロ離れた、アムール川沿いにある港湾都市である。かつては、清の領土であったが、19世紀半ばに、ロシア帝国の領地となった。
日本、この街を尼港と名付け、領事館も置かれていた。1920、赤軍パルチザンにより、多数の日本軍人、民間人が殺される事件が起きている。
 この小説の背景となっている尼港事件である。
 矢一郎は、パルチザンと日本軍の戦いに巻き込まれ、再び、銃を握ることになる。
 
 アイヌ民族のことは多少知っていたが、ニブヒやウィルタという名は知らなかった。ニブヒはギリヤークとも呼ばれていた民族で、樺太の中部に住み、中部・北部に住むウィルタ、南部に住むアイヌの先住民と共存し、狩猟・漁猟を営んでいたという。
 日本領であった南樺太に居住して日本国籍をもっていたため、日本の敗戦後に網走に強制送還され、北海道に住んでいるという。
 
 古来の伝統を守りながら狩猟を行うマタギと国家権力に翻弄される少数民族ニブヒ、ウィルタ、アイヌは似た運命を辿っている。この小説を読みながら、国家とは何であるか、民族とは何であるかを考えていた。
 
     ”遠いむかし、この樺太は、ロシア人のものでも日本人のものでもなかったはずだ。
        わたしのお祖父さんが子どもだったころまでは、ニブヒの暮らしはとても平和だった。ウィルタやアイヌとも土地を恵み分け合い、互いを尊敬しながら仲良く暮らしていた。けれども、サハリンやがロシア人の国になってから、すっかり変わってしまった。ロシア人たちは、ニブヒにもっともっと毛皮を獲れと命じた。・・・・結局ロシア人たちはニブヒを騙して沢山お金を儲けたけれど、ニブヒはさっぱり豊かにならなかった。”
                                 (p159)
       
   ”大陸に累々と重なる兵士たちの死体を踏み台にして、祖国である大日本帝国は樺太の南半分を手に入れた。かくいう自分も、最前線に立って何人ものロシア兵をこの手で殺した。そして同時に、ニブヒやウィルタの土地と心を真っ二つに引き裂いた。それだけではなく、奪えるものはことごとく彼らから奪っている。”
                                                         (p170)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »