« 『七夕しぐれ』 | トップページ | 『「洋酒天国」とその時代』 »

2007年6月30日 (土)

 『笑う警官』 

○2007年6月30日(土) 『笑う警官』 佐々木譲 ハルキ文庫

 佐々木譲の『うたう警官』を読みたいと思い、探していると、駅の近くの本屋の平台に、佐々木の『笑う警官』という題名の新刊の文庫が並んでいるのが目についた。
 ページの後ろをめくると、『うたう警官』を改題したとある。
「うたう」をなぜ「笑う」としたのであろうか。「笑う警官」といえば、マイ・シュヴァールとペール・ヴァールーの書いたマルチン・ベック警部シリーズの傑作「笑う警官」のことである。

 この小説には、うたう警官が登場するが、笑う警官は登場しない。もっとも、本家の「笑う警官」に、笑う警官が登場していたかは、記憶は定かではないのだが。
 まぎらわしいので、今回、読み終わった佐々木の小説は、「うたう警官」ということにした。
「うたう警官」の「うたう」とは、仲間を裏切って話すことである。さげすみ的意味が込められている。
 本書の主人公の佐伯宏一は、北海道警察の札幌方面大通署刑事課盗犯係の警部補である。年齢は、44歳。高校時代に吹奏楽部に入っていたことから、道警本部の音楽隊でテナーサックスを吹いていたことがある。

 ”吹奏楽部に入っていたせいもあり、アンサンブルが好きだった。ハーモニーの一パートを受け持つことが喜びだった。そしてときにスタンドプレイができるならば、なおのこといい。問題は、いまの北海道警察が、必ずしも吹奏楽団のような組織ではないことだった。自分が気持ちよい音楽を奏でる楽団の一メンバーと感じられることがほとんどないことだった。”                   (p16)
 
 拳銃摘発数では日本一を誇っていた生活安全部のやり手の警部が数多くの拳銃を不法所持し、覚醒剤の密売に手を染めていたという大不祥事が発覚した北海道警察本部は、警察官を一つのセクション、一つの地域に長く留めではならないとの方針で、大規模な人事異動を行うようになった。この方針は、別の言い方をするならば、捜査員には専門性を持たせない、地域の情報に詳しい警官は要らないということであった。
 刑事事件には素人の警察官である佐伯も大通署刑事課盗犯係に配属された理由も、その結果であった。
 一方、道警は、この大不祥事を外部にリークした犯人を突き止めるために内部調査をしていた。疑われて、査問を受けたことに怒りを覚え、愛想をつかし、辞めてしまった警官もいた。身の潔白を主張して拳銃自殺をした警官について、道警は拳銃捜査中の暴発事故で捜査中であるとした。
 
 円山公園に近い閑静な住宅街にあるマンションの一室で、女性の変死体が見つかった。被害者はミス道警と評判の美人巡査の水村朝美である。道警本部は、水村がつきあっていた大通署生活安全部の津久井巡査部長を犯人と断定し、本部内手配をする。犯行現場から、津久井の指紋のほかに、拳銃の実弾や少量の覚醒剤が発見された。本部からは、被疑者は拳銃を所持し、覚醒剤を吸引している可能性大であるので、発見した場合、わずかでも抵抗の素振りを見せたならば躊躇せずに拳銃を使用してよいと指示が出された。
 佐伯は、津久井とは、ともにおとり捜査員として潜入捜査をした仲であった。佐伯のもとに、津久井から電話が入り、明日の朝、道議会の百条委員会に出頭し、道警の裏金問題や大不祥事について証言をすることになっているという。
 
 道警は、津久井の出頭を阻止するために、津久井を消すつもりでいるということである。佐伯は、津久井の無実を確信し、明日の朝までに無実を証しようと決意する。
 佐伯は、狸小路八丁目にあるジャズ・バーの2階を私的な捜査本部として捜査を開始する。佐伯のもとに集まったのは、捜査経験のない新米警官、大通署に七年在勤し、署内事情に精通している婦人警官、帯広署の地域課勤務から転勤してきた中年の警官らである。
 
 百条委員会への出頭時間までに無実を証明するというタイムリミットの設定があり、津久井の無実を信じる仲間を集めての捜査、仲間の中に内通者がいるという疑いがでてきたりと、常道を踏みながらも、道警本部の厳戒体制の中、津久井を道庁への出頭をさせようとする佐伯と道警との駆け引きまで、スリリングな展開で最後まで一気に読んでしまった。
 この種の小説や映画は、常道のストーリー展開の中に、どのような味付けをして、ひねりをみせるかというのが作者の腕の見せ所である。
 道警本部が津久井に対し、抹殺指令を出すという筋立ての世界をそのまま受け止めることができなければ荒唐無稽な話になってしまう。
 佐々木は、最近作「制服捜査」まで、道警のシリーズを書き続けているが、そのモチーフになっているのが、道警本部の警部補が押収用の拳銃を大量に所持し、覚醒剤を吸引していたという事件と裏金問題という現実に起きた道警の大不祥事である。
 道警は様々な手段を弄して、この事件を隠蔽しようとしたが、あちこちにほころびが生じ、その一端が白日の下にさらされた。しかし、隠蔽されたままのもののほうが多いのではという疑惑が拭いきれないのも事実である。
 このような背景を知る者にとって、一見、荒唐無稽な話も真実味を帯びてくる。

 それにしても、『笑う警官』という書名の剽窃は、この小説を貶めていることが気になる。
 1978年、角川春樹が率いていた角川映画の「野生の証明」の宣伝に、レイモンド・チャンドラーの有名な台詞「男はタフでなければ生きていけない、優しくなければ生きている資格がない」を使って大騒ぎになったことがある。
 またもや、角川春樹かという思いが、30年前のできごととオーバーラップしてくる。
 この30年前の事件については、小鷹信光が「私のハードボイルド」(早川書房)の88ページと239ページ以下に書いている。

 

|

« 『七夕しぐれ』 | トップページ | 『「洋酒天国」とその時代』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  『笑う警官』 :

« 『七夕しぐれ』 | トップページ | 『「洋酒天国」とその時代』 »