« 『ギャングスター・レッスン』 | トップページ | 『ウオッチメイカー』 »

2007年10月28日 (日)

『1976年のアントニオ猪木』

○2007年10月28日(日)
    『1976年のアントニオ猪木』 柳澤健 文藝春秋

 プロレス・ファンでなくとも、アントニオ猪木がボクシングの世界ヘビー級チャンピオンであったアリと戦った試合を覚えている人は多いであろう。1976年6月のことである。
 私もこの試合をテレビで見た一人であった。そして、テレビを観た多くの者が感じたように、私も、その試合は異様であり、期待はずれであった。
 アリと戦う猪木は、終始、リングに寝た状態でアリの足を狙って蹴りつけ、アリもまた猪木にパンチを出しかねており、到底、格闘技の試合とはいえるものではなかった。
 兵役を拒否したため、世界タイトルを剥奪され、長期間のブランクを経て、奇跡的に世界チャンピオンに返り咲いた偉大なボクサーであるアリが、どうして猪木ごときと同じリングに上がったのかという失望感と、猪木という日本人レスラーが世界に醜態をさらしているという恥辱感がないまぜの気持ちでテレビをみていた。

 『1976年のアントニオ猪木』は、アントニオ猪木が1976年に行った四つの格闘技の試合を軸に、日本プロレスの興亡から現在謳歌を極めているPREIDEやK-1に代表される総合格闘技への流れを、アントニオ猪木という一人の男の生き様を通して鳥瞰しようとする。
 
 元読売ジャイアンツの投手だったジャイアント馬場は、アメリカでトップレスラーとなり、日本に凱旋したメイン・イヴェンターとなり、1963年赤坂のナイトクラブで刺殺された力道山の後継者として日本プロレスを一身に背負っていた。
 馬場に対抗心を抱く猪木は、豊登とともに、新団体東京プロレスを旗揚げをする。
 猪木は、ドイツ人レスラーのカール・ゴッチから、相手を制圧するためのレスリングのテクニック、試合を終わらせるための関節技と裏技、観客を魅了するための美しい必殺技を学び、相手の動きに即座に対応し、倒し、投げるというレスリングの能力を身につける。
 著者は、猪木をして、日本のトップレスラーとして始めて、グランド・レスリングのエキスパートになったとしている。
 私にとって、プロレスといえば、パイプの椅子を持って場外乱闘をするというイメージしかないのだが、著者の語ろうとしているプロレスの神髄が伝わってくる。
 プロレスは、ショーであって、スポーツではないとされている。
 プロレスは、退屈なリアルファイトのレスリングを捨てて、観客がわくわくしてよろこぶショーを作り上げることによって人気をあげてきた。

 ”最初は軽めの試合からスタートして、最後はメインディッシュをたっぷりと堪能していただく。レスラーは決められた時間内に、決められた技で試合を終わらせなくてはならない。その範囲内で最大限に観客を沸かせることがレスラーの仕事だ。”
                                                                  (p68)
 
 プロレスが純然たるエンターテイメントであっても、技を磨き、肉体を鍛える必要がある。というよりも、磨かれた技と鍛えられた肉体があるからこそ、プロレスがショーアップされるのである。
 猪木は、ショーアップされたプロレスのエースであり、プロモーターであった。鍛えられた肉体とレスリング技術をもつ猪木は、余裕をもって対戦相手をコントロールし、リング上のすべてを動かす指揮者であった。
 しかし、その猪木は、卓越したレスリング技術をもつビル・ロビンソンをまったくコントロールできないばかりか、逆に、コントロールされてしまう。ロビンソンを押さえようとする猪木の戦いは、ショーであるはずのプロレスがリアルなファイトとなり、ロビンソンとの試合はドローに終わる。

 猪木は、力道山の後継者として、日本のプロレス界を牛耳るジャイアント馬場に挑戦状を突きつけるが、馬場は、「NWAの意向に逆らってまで猪木とは戦えない」として猪木と戦おうとしなかった。
 猪木は、NWA(National Wrestling Alliance)を超える権威を身につけるために、ミュンヘンオリンピックで2つの金メダルを獲得したウィリアム・ルスカ、史上最強のボクサーといわれるモハメッド・アリらとの戦いに挑む道を歩んでいく。
 これらの試合が、今日の総合格闘技の隆盛の道を開いていくのであるが、猪木の異種格闘技の戦いは、リング上でも、そして舞台裏も、リアルとフェイクの狭間で揺れ動きながら行われる。
 リアルとフェイクの世界に、猪木自身もとらわれていくのだが、著者の筆致は、あるときは厳しいのだが、猪木という1個の人間をみるまなざしは優しい。
 プロレス・ファンではなくてもというよりも、プロレスに関心がない人にこそ読んでほしい1冊である。

|

« 『ギャングスター・レッスン』 | トップページ | 『ウオッチメイカー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『1976年のアントニオ猪木』:

« 『ギャングスター・レッスン』 | トップページ | 『ウオッチメイカー』 »