« 『ウオッチメイカー』 | トップページ |  『BOSS』 »

2007年11月15日 (木)

 『犯人に告ぐ』

○2007年11月15日(木)
      『犯人に告ぐ』 雫井脩介  双葉社

 2004年の第7回大藪春彦賞を受賞した作品である。
 この賞を受賞した小説は当たりが多い。しかし、気になりながらも購入したのは2005年で、刊行されてから1年近く後であった。当然、ハードカバーの単行本である。
 そのまま積ん読状態にしている内に、書店の平台に文庫が並んでいる。どうやら映画化されるらしい。
 ということで、探し出して読み出した。

 神奈川県警本部捜査一課の警視であった巻島は、幼児誘拐犯「ワシ」を取り逃がした苦い経験をもっている。記者会見で、無責任な質問をする記者にキレてしまった姿を報道され、神奈川のはずれにある足柄署に飛ばされていた。
 6年後、川崎で男児殺人事件が連続して起き、バッドマンと称する犯人が、テレビ局に声明文を送ってきた。
 神奈川県警本部長となった曽根は、足柄署から巻島を呼び戻し、捜査の責任者とする。 自己主張のためにメディアを使って自らを主役に仕立て上げる劇場型犯罪には、捜査官も自らメディアに登場し、犯人に呼びかける劇場型捜査が必要だという。

     ”闇に隠れた犯人を劇場におびき寄せるわけだ。捜査側が全面的に舞台に出てくることで、巷から新たな情報提供が寄せられる可能性も高くなる。”
                                                            (p103)

 巻島は、ミヤコテレビのニュースナイトアイズに出演し、視聴者からの情報提供を呼びかける。巻島の狙いは、犯人とテレビカメラを通して、双方向のコミュニケーションを取ることにより、犯人をおびき寄せよせることであった。
 巻島の「犯人に告ぐ」言葉は、犯人にこびるように見える。

 マスコミに登場することは、周囲に様々な軋轢を生じさせる。
 視聴者やライバル局の反応、捜査情報をライバル局に流す内部の人間、模倣犯の登場と、物語は二転三転していく。

   ”あなたは根が正直者なんですよ。嘘をついたり人を出し抜いたりすることが得意な性分じゃない。だから6年前もマスコミで失敗してしまった。”
   ”でもこの世界、嘘をついたり人を出し抜いたりしなきゃいけないことも多い。あなたは無理してそれをやってる。”
                                                                    (p300)
 捜査が進展しないため、勝負を賭けようとする巻島に対する部下の津田の言葉である。

  メディアを利用しようとしても、周囲の思惑が錯綜し、ともするとメディアに飲み込まれてしまう。ここらあたりの描き方は図式的ともいえなくないが、よく描けている。
  ただ、犯人像が弱いということが瑕瑾である。
  最後の誘拐犯がこども拉致しつつ、駅の雑踏で、巻島の背に紙を貼り付けるという場面は現実的ではないし、蛇足であった。
 

|

« 『ウオッチメイカー』 | トップページ |  『BOSS』 »

コメント

「犯人に告ぐ」は発刊当時ハードカバーで読んでいましたが、乱読のせいで内容もはっきり覚えていなかったところ、今般、文庫本が店頭に並んでいたので購入して再度読み直しました。

投稿: 増田光春 | 2007年12月 8日 (土) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  『犯人に告ぐ』:

« 『ウオッチメイカー』 | トップページ |  『BOSS』 »