« 『マイケル・ジャクソン裁判  あなたは彼を裁けますか?』 | トップページ | 『二度目のノーサイド』 »

2009年7月26日 (日)

「孤高のインディペンデント企業 ブラック・ミュージックで起業した男のメモワール」

2009年7月26日 「孤高のインディペンデント企業 
            ブラック・ミュージックで起業した男のメモワール」

 『マイケル・ジャクソン裁判 あなたは彼を裁けますか?』 の出版社「ブルース・インターアクションズ」の存在に気になりだしたのは、ウォルター・モズリーの『放たれた火炎のあとで―君と話したい戦争・テロ・平和』を読んだときである。黒人の立探偵イージー・ローリンズを主役にした異色ミステリ・シリーズの作者であるウォルター・モズリーが、9.11テロの報復論が声高に語られ、アメリカがイラク侵攻を開始したころ、虐げられていた黒人と中東の人々を重ね合わせて、当時のアメリカの風潮に異議を唱えたエッセイ風の本であった。内容的には、若干、物足りなさがあったが、イラク擁護の論調をすること自体が敵対行為とされるにもかかわらず、敢然とした立場を明らかにするすることは、モズリーの描く50年代、60年代という差別されていた黒人たちが差別に異を唱えだした時代を舞台にする哀しみに満ちあふれたハードボイルド・ミステリの主人公と重なりあっていた。CWA賞(英国推理作家協会賞)、PWA賞(アメリカ私立探偵作家クラブ賞)を受賞した『ブルードレスの女』は、まだ、早川文庫で手に入る。

 一部では話題になった本ではあったが、このような売れそうもない出版するというのは物好きな会社だなと思いながら、奥付をみると、発行元ブルース・インターアクションズ、発行者日暮泰文とある。
 懐かしい名前であった。大学時代、彼らが主宰していた「ブルース愛好会」の集まりに何回か、通ったことがある。三田のキャンパスで知り合ったのだから、学園闘争も一段落した頃のことだろう。アメリカのハードボイルド・ミステリを読む内に、ブルースに少し関心をもつようになっていたが、当時、ブルースといってもジャズ・フェスティバルのライブ・レコードにブルース・シンガーや奏者が奏でるブルースに心惹かれた程度の関心であった。喫茶店で、日暮らがブルースのレコード・コレクションをかけて聞かせるといった会なのだが、マニアックだなという印象が強く、いつしか、行かなくなった。
 
 大学も卒業して、暫くしてから、日暮泰文の名前を書店でみかけた。『ノイズ混じりアメリカ』という本を書いていた。ブルースの臭いを求めて、アメリカの南部を旅したときのエッセイである。まだ、頑張っているのだなと思い、自分も頑張って、ミステリを読み続けようと思った記憶がある。

 ネットで、日暮泰文と検索してみると、『孤高のインディペンデント企業 ブラック・ミュージックで起業した男のメモワール』というサイトが見つかった。
      http://www.sogotosho.daimokuroku.com/?index=kokou#pageTop

 大学を卒業後、就職した会社をスピンアウトし、ブルース関連の出版社を起こし、その後、ブルースのレーベルを作り、レコードを出していった軌跡を、ブルースへの思いとともに、書いている。今でこそ、起業という言葉がはやり、軽い気持ちで入っていく若者は多いが、まだ、生活すること自体、難しい時代のことである。
 かれに比べて、自分はと考えると、社会にコミットしようとあくせくして、無為の時間を過ごしていたなという思いが強い。
 その彼も、ブルース・インターアクションズの株式を売り、会社を離れた。そこでは、どのようなことが起きていたのかは分からないが、様々なことがあったに違いない。

 サイトの連載は、12回に亘るが会社を離れた経緯には触れていない。
 この続きを読んでみたいという気もするが、彼が、この後、何をしていくのかの方が気にかかる。枯れてしまうには、早すぎる!!
 

|

« 『マイケル・ジャクソン裁判  あなたは彼を裁けますか?』 | トップページ | 『二度目のノーサイド』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「孤高のインディペンデント企業 ブラック・ミュージックで起業した男のメモワール」:

« 『マイケル・ジャクソン裁判  あなたは彼を裁けますか?』 | トップページ | 『二度目のノーサイド』 »