« 『サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンド』 | トップページ |  『風が強く吹いている』『神の領域―検事・城戸南』 »

2009年8月14日 (金)

 『孤狼―刑事・鳴沢了』『破弾―刑事・鳴沢了』

2009年8月14日 『孤狼―刑事・鳴沢了』
               『破弾―刑事・鳴沢了』  堂場 瞬一 (中公文庫)

 『破弾』、『弧狼』と堂場 瞬一の刑事・鳴沢了シリーズに嵌っている。
 鳴沢了シリーズの第1作『雪虫』では、祖父、父の後を継いで、新潟県警の刑事となった了は、50年前に起きた事件に、祖父や父が関わっていることを知り、祖父の死を目の前にする。
 第2作の『破弾』。了は刑事を辞め、故郷である新潟を去るが、刑事にしかなれない了は、警視庁の刑事となり、多摩署に勤務することになる。新潟県警に身内がいる了は、警視庁の刑事たちからも孤立していた。了は、女性刑事である小野寺冴と組んで、多摩公園で発生したホームレス傷害事件の捜査に当たるように命じられる。小野寺もまた、同僚刑事を撃ち殺した犯人を追い詰め、とどめの一発を撃ったという過去を持ち、疎んじられていた。 姿を隠してしまった被害者のホームレスを探す内に、二人は、公安が動いていることに気づく。
 突っ張っていきる二人が、ぶつかり合い、次第に惹かれていくあたりは、緊張感あふれていて、なかなか面白い。
 スポーツ小説とミステリを交互に書いていた堂場だが、このところ、ミステリに比重を置いているようだが、『破弾』では了が昔の仲間に誘われて、ラグビーを再開するシーンが描かれ、堂場の面目躍如といったところである。
 『破弾』は、多摩ニュータウンを舞台にしている。高齢化した街となってしまったニュータウンの様子など、堂場の描く、東京の郊外の姿は、新しい「都市小説」の誕生を予感させ、期待のもたせるシリーズである。

 奥付を見ると、『弧狼』から、文庫書き下ろしシリーズとなったようである。2005年10月25日初版、2009年5月15日15刷とあるのだから、結構、売れている。
 そういえば、。書店の平台に並びだしてからも相当時間が経過しているだから、さもあらんか。
『孤狼』では、冴と別れた了は、青山署勤務となっている。了は、本庁の捜査一課の沢登理事官に失踪した刑事の行方を今とともに捜すようにとの特命を受ける。調査を進める了たちに、不審な行動をする刑事たちが登場し、了が大事に思っている優美とその息子勇樹たちに危険が迫る。ストーリーが拡散気味となっていくのだが、刑事をやめ、探偵となった冴が絡み、大食漢の今の様子など、シリーズとしてのお膳立てが整ってきたといえる。
 次の一節を読めば分るだろう。堂場はチャンドラーの世界に入りつつあると思わざるを得ないのだ。
「何とかしたい。だが、刑事としてできることには限界がある。拠って立つ柱を失った気分だった。腐った大地の上で生きている自分は腐っていないと言い切れるだろうか。卑しい街を一人高貴な魂を持ったまま行くーーーと思っていても、世間はそうは見ない。いずれは私自身も腐っていくか、この大地から去っていくしかないだろう。」(p430)

|

« 『サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンド』 | トップページ |  『風が強く吹いている』『神の領域―検事・城戸南』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  『孤狼―刑事・鳴沢了』『破弾―刑事・鳴沢了』:

« 『サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンド』 | トップページ |  『風が強く吹いている』『神の領域―検事・城戸南』 »