« harappa映画館「映画だ!マキノだ!山中だ!」 | トップページ | 『キング&クイーン』  柳 広司 »

2010年5月16日 (日)

『余波』

2010年5月14日『余波』 ピーター・ロビンスン (講談社文庫)

 翻訳ミステリを読むときに、最初にとまどうのは、登場人物の名前と地名である。登場人物が多く、また、紛らわしい人名が複数登場すると、頭の中がこんがらかってきて、冒頭の頁の前に印刷されている登場人物の一覧表をみて確認することになる。講談社文庫には、本に挟まれているしおりに印刷されているので便利である。
 もっとも、小説に登場する人物の描き方がうまいと、一覧表をみなくとも、人物のイメージになじんで一覧表に頼る必要もなくなる。
 ところが、地名となるとやっかいである。その場所の描写がうまくても、国の中のどのあたりにあるのかがイメージができない。部屋に、大きな地図を貼り付けて眺めながら読むのもいいのだが、ミステリによく登場するロンドン、ニューヨーク、ロサンジェルスのような大都市であればまだいいとしても、イギリスのヨークシャーの地図を買うのも面倒である。
 
 ” 大急ぎでシャワーを浴び、手早くそこらの服を着て、愛車のルノーに飛び乗った。道々、ゼレンカのトリオ・ソナタのCDを流していて、それで気持ちに抑えがきき、Al号線をむちゃくちゃにすっ飛ばしたりしなくてすんだ。現場まで八〇マイル。およそ一時間半のドラ√ヴだった。心にかかることばかりあれもこれもなかったなら、走り出してしばらくは、ヨークシャー渓谷に昇る陽に、うっとり見とれたかもしれない。この春にほめずらしく、美しい五月の夜明けだったから。が、実際には、目は路面にほぼはりついていて、トリオ・ソナタの調べですらろくに聞こえていなかつた。リーズ環状道路にようやくやってきたころには、もう、月曜朝のラッシュアワーが始まっていた。”(上・p32)
 
  ヨークシャー渓谷(デイル)を手がかりに、グーグルマップを検索するとYorkshire Dales national parc付近の地図がでてきた。東にA1号線があり、南の方にリーズという地名がでてくる。ヨークシャーは、イングランドの北部の中央に位置しており、私たちになじみ深いマンチェスターやリバプールの北側である。
 さらに北にいくと、次に読み始めたイアン・ランキンのリーバス警部シリーズの『死者の名を読み上げよ』の舞台となるスコットランドのエジンバラがある。

 ピーター・ロビンスンのミステリは、結構、買い込んでいるのだが、何となく、読みそびれていた。しばらく、事務所の本棚に置きっぱなしにしていた『余波』を、帰りの電車で読みだした。
 檻の中に、素っ裸で閉じこめられた少女と少年のプロローグからして、自分の好みではないなと思い、最初の1章からして、隣人マギーの通報で、駆けつけた警官のデニスとジャネットは、家の中で倒れているルースを発見し、さらに、地下室に全裸で縛られた少女をみつけ、地下室に下りていったところ、デニスはルースの夫テリーに鉈で襲われる。
 ジャネットが警棒でようやく反撃し、テリーを逮捕するのだが、地下室と庭から、5人の少女の遺体がみつかる。
 この状況からして、テリーが犯人であることは明らかであり、そのテリーも、警棒による受傷がもとで死亡してしまう。
 最初の2-3章でここまで話が進んでしまうと、下巻もあわせると後700頁もある。どうやって、最後までひっぱていくのかなという好奇心が生じたこともあるのだが、一気に読んでしまった。
 夫のDVを逃れるためにカナダから逃げてきた隣人マギーは、ルースがテリーから暴力をふるわれていることを知り、ルースを何とかして守ろうとする。
 一連の連続失踪事件の失踪者の一人と目されていたリアンは、発見された遺体の中にいなかった。
 テリーを逮捕したジャネットは、テリーの死亡に関し、警察の苦情処理機関の調査を受けることになる。調査を担当するのは、主人公アラン・バンクス警部と深いつきあいのあるアニー・カボット警部である。
 一方、バンクス警部は、娘から、長く別居しているサンドラが妊娠していることを聞き、動揺する。
 これらの話が重層的に進行していき、ロックやクラッシック音楽を効果的に使いながら、バンクス警部や登場人物の心象風景がさりげなく描かれている。
 バッハの無伴奏チェロ組曲、シューベルトの後期ピアノソナタ集、エルガーの「エニグマ変奏曲」、デューク・エリントンの「ブラック、ブラウン・アンド・ベージュ」、トマス・タリスの主題による幻想曲、歌劇タイスの瞑想曲などである。 
 個人的な趣味としては、カム・サンデーを歌うマヘリア・ジャクソンが登場するエリントンのカーネギー・ホールコンサートのアルバム「ブラック、ブラウン・アンド・ベージュ」が気に入っているのだが、ヴァン・モリソンが、「つかみ取って、捕まえて」と歌う「バレリーナ」の曲は、バンクスの複雑な気持ちにシンクロしていて印象的である。
  ”アニーは手をのばしてきてバンクスの頬を撫でた。「気の毒なアラン」さざやきながら肌をぴたりと寄せてくる。「ほんのしばらく、忘れましょうよ。頭も心もからっぽにして、いまこのときを思えばいい。わたしと音楽、それだけ思ってくれればいい」 ヴアン・モリソンはいま、「バレリーナ」を歌っている。うねるような節回しが感覚を刺激してくる。バンクスは、しつとりとしたやわらかなくちびるが胸から腹へとゆっくりゆつくり降りてゆくのを感じていた。やがてアニーは目的の地へ。バンクスは、言われたとおり、いまこのときの官能に身をゆだねた。が、死んだ赤ん坊をなおも思い、一瞬であれ、忘れることはできなかった。” (p236)

|

« harappa映画館「映画だ!マキノだ!山中だ!」 | トップページ | 『キング&クイーン』  柳 広司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『余波』:

« harappa映画館「映画だ!マキノだ!山中だ!」 | トップページ | 『キング&クイーン』  柳 広司 »