« 『インビクタス~負けざる者たち』 | トップページ | 『おまんのモノサシ持ちや!』 篠原 匡 »

2010年6月26日 (土)

『社長・溝畑宏の天国と地獄 -大分トリニータの15年』

2010年6月26日 『社長・溝畑宏の天国と地獄 -大分トリニータの15年』
                木村 元彦  集英社

 2009年1月12日、『サロン2002』の公開シンポジウム「地域からみたJリーグ百年構想ー地域に見る熱きムーブメントを語る」が開催された。サロン2002のサイトhttp://www.salon2002.net/symposium/2008_sympo.pdf に、シンポジウムの報告書が掲載されている。
 2008年、大分県を本拠地とする大分トリニータは、ナビスコカップに初優勝し、リーグ戦も4位という好成績であった。報告者は、大分トリニータのボランティア組織の事務局長や会長をしていた宮明透氏である。宮明氏は、トリニータの母体である大分FCの発足当時、大分県のサッカー協会の常務理事をしていた。
 国立競技場のナビスコカップの決勝戦には、大分県からトリニータの応援にきた人が1万人、サポーター席には1万5-6000人集まったという。青と黄の応援のカラーボードに埋まった国立競技場の写真は圧巻で、サッカーというのはこのような力があるのだと感動したのを昨日のことのように覚えている。
 東京の人間は、1万人の人が東京にきたといってもピンとこないかもしれないが、東京にくるだけで、1日がかりとなる。大分空港から東京への飛行機は、1日10便、3000人のキャパしかない。福岡空港まで行くか、東京まで、バスや車で行くことになる。
 宮明氏の話は、サイトで読んでもらえば分かるのだが、最後に、「地域になくてはならない存在、トリニータ」という言葉でまとめられている。

 しかし、翌2009年、トリニータはリーグ戦17位となり、J2に降格し、6億円近い債務超過により、経営危機となり、社長の溝畑宏は解任となり、Jリーグから公式試合安定開催基金の融資を受けることになる。
 何故に、このような事態になったのだろうか、東京でみるメディアの報道からは情報を得られなかった。
 
 『社長・溝畑宏の天国と地獄 ~大分トリニータの15年』は、自治省から大分県に出向してきた官僚溝畑宏が、大分にJリーグのチームを作ろうと悪戦苦闘し、ナビスコカップの勝利をつかみながら、トリニータの経営危機の責任をすべて負わされて、追い出された背景を丁寧に分析している。Jリーグの百年構想のあり方、さらには、地方の活性化を図るときの問題などが、見えてくる。
 著者の木村は、トリニータの発足時には、東京の官僚が地方でJリーグのチームを作ることには懐疑的であったのが、事態の背景を探るうちに、溝畑の経営手法にも問題があったが、選手や職員の給料の遅配をさせないために、溝畑が、宴席で裸踊りをしてまで、県外のスポンサーを探し、獲得していく様子に、複雑な気持ちを持ちながらも、溝畑のチームを作り、維持していこうとした熱情・実行力を評価しようとする。
 
 正直言って、溝畑の行動には、身近にいてほしくないと引いてしまう気持ちの方が強いのだが、大きな目的を達するためには、狂気に近い熱情と行動が必要だと痛感してしまう。我が身を含めて、評論家的な態度で冷ややかにみることからは、何も生まれない。
 
 大分トリニータのこれからはどうなのか、大分に根付きつつあったサッカー文化はどうなっているのだろうか、と思いつつ、溝畑がいなければ、大分トリニータはあり得なかった、10年、15年後、大分のスタジアムで溝畑が歓呼をもって迎えられる姿をみたいと思っている。

 溝畑は、トリニータにのめり込むことにより、私財をなげうち、妻とも離婚してしまった。しかし、溝畑の奇人・変人振り、実行力に惚れ込んだ人たちは、溝畑の悪口をいわない。
 溝畑は、今、観光庁長官として、日本への観光の誘致をしている。今朝の朝日新聞に、溝畑のインタビュー記事が掲載されていた。自治省の天下り先に拾ってもらったとみるか、あの実行力に惹かれて抜擢して中央の眼がいたのか、これからの溝畑の行動もウオッチしていくのも面白いかもしれない。

|

« 『インビクタス~負けざる者たち』 | トップページ | 『おまんのモノサシ持ちや!』 篠原 匡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『社長・溝畑宏の天国と地獄 -大分トリニータの15年』:

« 『インビクタス~負けざる者たち』 | トップページ | 『おまんのモノサシ持ちや!』 篠原 匡 »