« 映画『森聞き』 | トップページ | 『滝山コミューン一九七四』 »

2011年4月27日 (水)

 『二流小説家』デイヴィッド・ゴードン 

2011年4月19日 『二流小説家』デイヴィッド・ゴードン 早川PMB

 「二流小説家」というタイトルは言い得て妙である。
 この本の帯や登場人物一欄では、主人公ハリー・ブロックのことを「売れない作家」とラベリングしている。
 ハリーは売れないながらも、20年近く小説を書いて糊口をしのいでいるのだから、売れないというよりもそそこ売れていたが一流の作家になれない作家という方が正確であろう。それでは、売れていれば一流なのかというと、必ずしも、そうではないというの世間一般のように思うがどうだろうか。

 ハリーは、詩を書くことから始まり、ポルノ小説、エロティックが売り物のSF小説、エチオピアとネイティブ・アメリカンの混血のユダヤ人が主人公の探偵小説を手がけ、最近ではヴァンパイア物などと、ありとあらゆる通俗小説を書いている日々を送っていた。
 ある日、ハリーは死刑を宣告されシンシン刑務所に収監されているダリアン・クレイから、告発本の執筆を依頼される。
 ダリアン・クレイは、写真撮影のモデルにした4人の女性を殺害し、遺体をバラバラに切断し、頭部を除く四肢と胴体をニューヨークの市内の大型ゴミ容器に捨てた連続殺人犯として、刑務所で死刑執行を待つ身である。ダリアンは明白な証拠があるのもかかわらず、犯行を認めず、また、頭部も発見されていない。
 ハリーは、連続殺人鬼の告白本を書けば、一流作家の道が開け、大金を手にするチャンスが転がり込んでくると、ダリアンに会いにいく。ダリアンがハリーに出した条件は、ダリアンに恋いこがれるファンレターを書いてきた女性たちを取材し、女性とダリアンとの情交を描くポルノ小説を書くことであった。
 ハリーはダリアンにファンレターを書いた女性に会いに行くのだが、ハリーに会った女性たちが次々と殺害されていく。
 猟奇的な殺害の手口は、ダリアンの犯したとされる殺人事件と類似している。ダリアンは無罪なのであろうか。殺人の容疑までかけられたハリーは、ダリアンに殺害された被害者の双子の妹のダニエラとともに被害者たちの周辺を調べていく。

 ここらあたりからは、いかにもミステリにありそうな展開で、最後は少々粗っぽいストーリーとなっていくのだが、ハリーが糊口をしのぐために書いているハードボイルドミステリ、ポルノがかったスペースオペラ風の小説、ヴァンパイヤ小説のシーンが各所に散りばめられており、この断片的な小説が結構面白いし、売れない小説家たちが売り込みのために朗読会を開いたり、チャンスがあれば殺人犯の告白に飛びつこうと虎視眈々している様子など興味深い。

 日本でも、最近、殺人などの重大な罪を犯した者などの告白録が目につくようになった。
 ネットで検索してみると2004年1月5日のAP通信が、米国全体で、数十人の死刑囚がインターネット上で手紙や絵などを公開していて、深い悲しみに暮れる被害者の友人や遺族は、こうした行為に苦しめられていると報じている。
 商業主義がまかり通っていることもあるのだろうが、好奇心に駆られて本を購入する人たちもいるのも事実である。たれ流しているテレビ報道をみている人たちも同罪なのであろうが。

 ミステリ・ファンにとって楽しいのは、ハリーを通して、ミステリに登場する探偵たちやテレビ番組を引き合いにだしながら、推理小説の蘊蓄を並べていることである。この作家の雅気がじわじわと伝わってくる。
 
 ハリーは、「小説は冒頭の一文が何より肝心だ。唯一の例外と言えるのは、結びの一文だろう。結びの文は、本を閉じても読者のなかで響きつづける。背後で扉が閉じたあと、廊下を進むあいだもこだまが背中を追ってくるように。だがもちろん、そのときには手遅れだ。読者はすでにすべてを読み終えてしまっている。」(p11)と冒頭で語っているのだが、最後のあたりでは、「きっとすばらしい作品になると思う。出だしの部分は決まったも同然だもの。そこがいちばん苦労する部分なんでしょう? 最初の書き出しというのが」という女友達の問いに対し、ハリーは「そうでもない」と答え、さらに「それじゃ、結びの部分ね」と問われると。「それもちがう。小説も人生と一緒でね。いちばんたいへんなのはまんなかの部分なんだ。」と答えている(p447)。

 ミステリ小説の作法からすると前者なのかもしれないが、最初と最初が肝心でも、まんなかを書き続けるという日々の行為がなければいい小説はできないともいえるし、この小説の中で、ハリーが小説家として成長してきたことを示唆しているのかもしれない。

 この後の成長が楽しみな作家の登場である。

|

« 映画『森聞き』 | トップページ | 『滝山コミューン一九七四』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  『二流小説家』デイヴィッド・ゴードン :

« 映画『森聞き』 | トップページ | 『滝山コミューン一九七四』 »