« 『コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる』 | トップページ | 『ぼくらの青春 下町高校野球部物語』 »

2011年5月28日 (土)

『 ムーンライト・マイル』

 2011年5月15日『 ムーンライト・マイル』デニス・レヘイン (角川文庫)

 デニス・レヘインの『ムーンライト・マイル』(2010年)は、探偵パトリック・ケンジーとそのパートナーであるアンジーを主人公とするミステリ・シリーズ。
 5作目の『雨に祈りを』(角川文庫)が発表されたのが1999年であるから、12年ぶりのシリーズ最新作ということになる。
 この間、レヘインは、『ミスティック・リバー』、『シャッター・アイランド』、『運命の日』などのノン・シリーズを出しており、映画化により話題となっいていたので、待望のシリーズ・最新作ともいえるし、なぜ、いまさらという感じもしないではない。

 12年前、パトリックとアンジーは、失踪した4歳の少女アマンダ・マックリーディの捜索の依頼を受け、アマンダを発見し、無事、母親のもとに取り戻した(シリーズ第4作『愛しき者はすべて去りゆく』角川文庫)。
  しかし、この事件が、パトリックとアンジーの2人の生活に微妙なわだかまりをもたらしていた。12年たった今も。

「おたがいにずっと触れずにいた問題は、アマンダ・マックリーディが最初に姿を消した時にわたしたちが取った行動についてだった。法律か四歳児の幸福かの選択を迫られた時、アンジーの反応を要約すれば……法律なんて知ったことか。
  一方わたしは高潔な道を選んで、ネグレクトされていた子供をネグレクトする親の元へ戻そうというお上に手を貸した。わたしたちふたりの関係はそこで壊れた。1年近く言葉も交わさなかった。時間のたつのが遅く感じられる時があるものだが、その1年は15年ほどに感じられた。」(p125)

「12年前、わたしはまちがっていた。それ以降は毎日、およそ4400日ほどだが、それを痛感した。だが、12年前、わたしは正しかった。アマンダを誘拐犯とともに残すことは、彼らがどれだけアマソダを幸福にできるとしても、やはりアマソダを誘拐犯とともに残すことであった。彼女を取り戻した目から4400日間、これは真実であると確信していた。ならば、わたしはどこで真実から離れてしまったのだろう?わたしがひどい行いをしたといまだに固く信じている妻といっしょに。」
 
アマンダが再び失踪した。
パトリックとアンジーはアマンダの捜索をするべく、アマンダの12年間の生活を調べ出すというのが『 ムーンライト・マイル』のストーリー。
 アマンダのその後を追いかけていくあたりは、ミステリアスでいいのだが、ロシアン・マフィアが登場するあたりから、話しがいささか荒っぽく展開していき、それほど、いい出来の小説ではないが、パトリックとアンジーの関係がどうなっていくかの興味で最後まで一気に読んだ。

 ようやく見つけたアマンダは、パトリックの言葉に反応する。
「きみはこの子を誘拐した」
「あなたもわたしを誘拐したじゃない」
 
「わたしの家がどこかなんて、よくも言えたものね? ドーチェスクーはただ生まれた場所よ。わたしはヘリーンの血を引いているけれど、ジャックとトリシア・ドイルの子供よ。わたしが誘拐されたって言われていた時期、どんな生活をしていたか、覚えているわ。完壁に素晴らしい七ヵ月だった。緊張も不安もなく、悪夢にうなされることもなかった。病気にもかからなかった。ゴキブリとゴキブリのばい菌がうようよしていたり、台所の流しで食べ物が腐ったりしているような、母親が掃除したこともないような家を出たからね。」

「そこにあなたが来た。ドーチェスクーに帰されて二週間たち、社会保障局のケースワーカーが、ヘリーンにわたしを育てる資格があると認定したあと、7時になにがあったか分かるかしら?」(p366)

そして、アマンダの問いに対し、パトリックは応える。
「なぜ、あんなことをしたの?」
「きみを家に戻したことか?」
「連れ戻したこと」
「状況倫理と社会倫理が対立したケースだ。おれは社会倫理を優先した」
「ありがたいこと」(p368)

 何が正しいと判断することは難しい。正しいと判断したことが必ずしも正しいとは限らない。パトリックが抱える葛藤は、私たちも常に抱えている。ただ、私たちがそれに気がつかないだけかもしれない。
 パトリックが最後に選んだことがその答えなのだろうか。
 最終章のパトリックの選択は、最後まで読み終えた読者によって受け止め方が異なるだろう。
 パトリックが12年かけてたどり着いた世界は、レヘインが12年間かけてようやく得たものである。重いテーマを突き詰めようとしたこのシリーズをこの本でもって終わりにしたのは、パトリックとアンジーの2人のこれからを描いていくことの困難さ、次なるテーマを見いだすことの難しさをレヘインが自覚したからではないかとふと思った。

 『ムーンライト・マイル』は、ローリング・ストーンズのアルバム『スティッキー・フィンガーズ』に収録されている曲である。ジャケット・デザインはアンディ・ウォーホルで、確か、オリジナルは本物のジッパーが付いていた。

|

« 『コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる』 | トップページ | 『ぼくらの青春 下町高校野球部物語』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『 ムーンライト・マイル』:

« 『コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる』 | トップページ | 『ぼくらの青春 下町高校野球部物語』 »