« 『上を向いて歩こう』  佐藤 剛 | トップページ | 『ユーリンタウン』流山児★事務所 »

2011年9月17日 (土)

『県庁おもてなし課』有川浩

2011年9月12日『県庁おもてなし課』有川浩 角川書店

 有川浩の『県庁おもてなし課』はフィクションであるが、高知県庁には「おもてなし課」が存在する、と、作者の有川浩はあとがきに書いている。
 ただ、巻末のスペシャル・トークを読むと、有川浩が高知県庁を舞台に小説を書こうと思ったときには、まだ、「おもてなし課」はなく、有川が観光部に、モデルの小説を書くことの了解を求めたことをきっかけにできたらしい。
「おもてなし」というネーミングは誰が思いついたのかは???である。
 高知県出身の有川は、県庁の観光課から「高知県の観光特使」を依頼され、承諾したが、その後、しばらく、音沙汰がなかった。

 このあたりのことから小説が始まる。
 高知県庁のおもてなし課の掛水が高知県出身の吉門喬介に高知県の観光特使を依頼する。吉門は承諾をするのだが、県庁からはその後の連絡がない。おもてなし課の方は、県庁の内部のコンセンサスをとり、進めようとするのだが、庁内の縄張り意識や思惑から進まない。
 さらに、この小説は、小説が小説の中に入っていく入れ子構造になっている。吉門は、高知新聞に連載小説を書くというストーリーでなのだが、有川もまた、この小説を高知新聞に連載している。このあたり、虚々実々となっておもしろく展開する。ただし、吉門は男性であるが、有川浩は女性であるところが大きく異なっているのと、自分の故郷を舞台にしているせいか、図書館戦争のような毒がない。この点をどうみるかによって、この小説の評価が変わってくるように思う。
 田舎の人が当たり前と思っていることが、都会の人間にとっては面白いと思うし、惹きつけられる。田舎の人間が、これをと思って、力を入れても、都会の人間はつまらないと思うことが多々ある。このあたりのミスマッチや県庁は県庁で、小さいながらも縄張り意識があって、物事が進まない点などは、都会の組織でよくあることなどど、思いながら楽しく、一気に読んでしまった。

 最近、徳島には何度か行く機会があったのだが、高知県まで足を延ばすことはなかった。徳島と高知は隣りあっているのだが、徳島から行くには遠いのだが、東京から飛行機でいくのであれば、徳島と高知の違いはそれほどでもない。
 高知から日本に発信しているデザイナー?。プロデューサー?の梅原真の切り開いている世界には刺激を受けている。坂本龍一が延々と、藁でいぶした鰹のたたきの話も聞いた。
 大阪の知人から、水の重さで動くケーブルカーの乗りにいくのだという話も最近聞いた。調べてみると、馬路村にあるらしい。
 今年は、ぜがひとも、高知に行きたいと思っている。

|

« 『上を向いて歩こう』  佐藤 剛 | トップページ | 『ユーリンタウン』流山児★事務所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『県庁おもてなし課』有川浩:

« 『上を向いて歩こう』  佐藤 剛 | トップページ | 『ユーリンタウン』流山児★事務所 »