« 『蜷川ファミリー』 蜷川宏子 | トップページ | 『銀色の絆』 »

2011年11月12日 (土)

『蜷川幸雄の子連れ狼・伝説』蜷川 幸雄

2011年11月10日 『蜷川幸雄の子連れ狼・伝説』蜷川 幸雄  小池書院

『蜷川幸雄の子連れ狼・伝説』を仕事場の近くの古書店で購入した。蜷川宏子の『蜷川ファミリー』を読む前のことである。
 黒地の表紙に、劇場の座席に座り、肩肘をついている蜷川幸雄のモノクロの写真、型抜きをした表紙の小さな窓に、赤地に『蜷川幸雄の子連れ狼 伝説』とシンプルな文字が見える。洒落た装丁である。蜷川幸雄と子連れ狼という意表のついた組み合わせが気になったこともある。装幀は、資生堂のデザイナーをしている澁谷克彦によるものである。
 10年以上まえの1998年に出版された本なので、出版当時には話題になったのかもしれないが、この本の存在を知らなかった。
 蜷川を「子連れ狼」に引き合わせたのは若山富三郎である。72年から74年にかけて、若山富三郎主演の子連れ狼の映画が6本あるが、三隅研次が監督した第1作には、蜷川の妻である真山知子(蜷川宏子)が出演し、ヌードになっている。
 蜷川は、60年代末期から、70年代にかけて、「先達と違う方法で現在を脱出しようとしたので、ごくらとはまったく異なった視点から」「若山富三郎という人の不合理のかたまりのような個性」に惹かれて、『極道シリーズ』で人気のあった若山と付き合っていた。そして、小池一夫原案の『子連れ狼』も不合理の闇から立ち上がって遠景の中から近づいてきたのだという。
 ミステリと映画、マンガ(劇画)は作劇法など、非常に近い存在なので、ミステリが好きな者にとっては、小池一夫の原作、小島剛夕の画になる劇画は気になる存在であったし、若山富三郎主演の映画、萬屋錦之介主演のテレビ・シリーズを楽しんだ記憶がある。
 実際のところ、編集者からの勧めがあって、『子連れ狼』を読み、この本を書いたようなので、『子連れ狼』を読んでいて書いたとは違うような気がするのだが、どうであろうか。
 ただ、劇画の分析の仕方が、演劇の演出家らしく、興味深かった。
 劇画の場合、コマワリが決まっているのではなく、ストーリーの流れにそって、コマ数が変わり、ときには一コマであったりもし、一話のカット数が261カット、240カット、そして、288カットと、「短いカットを畳み込むように描いてゆく手法と、一つのカットの息を長くしながら強う異画面を作ってゆく手法が、実に巧みに使い分けられているいる。」(p20)とし、ロングショットからバストショットにつないでいく巧さに触れて、「優れた劇画の上に、自分たちの想像力を加えることで、ぼくらは自分たちの『子連れ狼』を完成させてゆくのである。」(p36)とする。
 ここらあたりは、演劇の場合と同一俎上にあり、蜷川の演劇のとらえ方が垣間見えてくる。演劇そのものを語るより、劇画を間におくことによって、蜷川自身の演劇論が素直に聞こえてくるような気がしながら、この本を読んでいた。
 「小池一夫の作劇術の巧みさは、柳生一族との闘いを、ときどきしか描かないところにあるように思われる。」(p46)
 「劇画は映像ではないから、何秒かというのは、見る者の固有の生理による。しかし「流れ影」を例にとると、柳生烈堂と拝一刀の決闘のシーンのカット割りと画面のサイズ、画面の形は、絶妙の選択がなされているのだ。それを見る者は、左右に目を配り、下へ下へと目を下げてゆく。このリズムが、やがて見る者の生理となって、身体にこの物語のリズムを刻みつけてゆくことになるのだ。右、左、下、下。いつしかぼくらは観念のリズムと身体のリズムを表させて、あたかも映像の画面を見ている時と同じような快感の流れにのってゆくことになる。やがてぼくらは、素速くページをめくることになってゆく。速く、速く。」(p54)
 そして、蜷川は、『子連れ狼』に触発されたのかどうかはわからないが、最近の若者の演技の現在は、「美しく語りすぎる」とし、「再び巨大な物語が求められる日がくるような気がする。もちろん、その巨大な物語への願望は、私たちの想像力の湯たくさんが問われているのだ。」(p64)としている。
 しかし、どうなのだろうか、「巨大な物語への願望」自体、消費財として作られ、与えられている若者は、巨大な物語への願望が、美しい物語として実現されているという錯覚に陥っていて、心を奮い立たせる演劇や劇画がなど、存在しなくなっているような気がするのだが、どうあろうか。
 劇画から演劇へ、劇画から演劇へと、この本を読みながら、蜷川の思考から、様々な感慨が触発されていく自分を感じながら、楽しんだ1冊である。

|

« 『蜷川ファミリー』 蜷川宏子 | トップページ | 『銀色の絆』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『蜷川幸雄の子連れ狼・伝説』蜷川 幸雄:

« 『蜷川ファミリー』 蜷川宏子 | トップページ | 『銀色の絆』 »