« 『弁護士探偵物語 天使の分け前』 | トップページ | 『下り坂では後ろ向きに――静かなスポーツのすすめ』 »

2012年1月28日 (土)

『光あれ』 『沈黙の森』 馳 星周

2012年1月13日  『光あれ』     馳 星周  文藝春秋
2012年1月25日  『沈黙の森』  馳 星周  徳間書店

 馳星周の『光あれ』を読み、続けて、『沈黙の森』を読む気になった。
 新宿のアンダーグランドの世界を描く、デビュー作の『不夜城』は衝撃的であった。気になる作家の1人で、時折、手にすることはあったが、ハードバイオレンスに傾斜していく世界に食傷気味であった。
 2011年8月に刊行された『光あれ』は、福井県の敦賀を舞台とする短編連作集である。敦賀は、若狭湾の中にある敦賀湾の南にある街である。地図で見ると、北は日本海に面する港町であるが、南に少し下ると、琵琶湖の北に位置しており、琵琶湖の南は滋賀県となる。車や鉄道でいくとなると遙か遠い街であるが、琵琶湖をにらむと、近畿圏からはすぐ北ということになる。
 若狭湾に小さく突き出しているのが敦賀半島で、その根元に敦賀市がある。この小さな敦賀半島には、敦賀原子力発電所があり、その西には高速増殖炉「もんじゅ」があり、すぐ南には、美浜原子力発電所がある。
 『光あれ』は、美浜の原電でガードマンをしている相原昌也が、久しぶりに地元で開かれた同窓会に出席するところから始まる。
 40前の昌也の目を通して、敦賀の街の過去と現在、そこに住む人たちの精神的な荒廃が静かに語られる。
 3.11による福島の原発事故に触発された小説で、際物かなと恐る恐る読み出したのだが、原発誘致に賛成し、あるいは反対する大人たちの中で、青春時代を過ごした昌也たちの倦怠と先行きのない世界は、敦賀だけではなく、日本全国にどこにであるものだが、原発の存在がそこに住む人たちを退廃させていく様子が淡々と描かれている。時折、垣間見る昌也たちの激情のほとばしりがそこに生きる人たちのやるせなさを一層際立たせている。秀作である。
 ちなみに、敦賀の発電所は、1962年に敦賀市が誘致の決議をし、1970年に運転を開始し、同じ年に開かれた大阪万博の会場に送電されている。

 2009年10月に刊行された『沈黙の森』は、冒頭、軽井沢の別荘地で管理人をしている田口健二の静かで、穏やかな生活を送っている。
 訪れる人の少ない冬の軽井沢に、暴力団・東明会の金5億円を持ち逃げした男が潜伏したという情報が流れ、追っ手や、金の匂いをかぎつけた男たちが軽井沢の町に次々と乗り込んでくる。
 20年前、新宿で「五人殺しの健」と呼ばれていた過去をもつ健二もまた、否応なく、事件に巻き込まれていく。新宿の抗争で、健二に恨みを抱く遠山、軽井沢の町に、やくざは入れないと暴走気味の刑事の安田らが、軽井沢の冬山を舞台に、暴力が炸裂し、エスカレートしていく様子は、馳らしいといえば馳らしいのだが、いささかやり過ぎという感じである。
 もっと、抑えて物語を展開させたほうが、バイオレンスシーンが生きて行くのではないだろうか。特に、前半の健二の描き方が魅力的であっただけに残念な気がする。
 もっとも、耐えに耐えて、ついに復讐を決意するというと、一昔前の高倉健の世界になってしまい、古いといわれてしまうのかな・・・
 いずれにしても、3.11以後、このようなハード・バイオレンスの小説が読まれていくのだろうか、興味深いところである。

|

« 『弁護士探偵物語 天使の分け前』 | トップページ | 『下り坂では後ろ向きに――静かなスポーツのすすめ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『光あれ』 『沈黙の森』 馳 星周:

« 『弁護士探偵物語 天使の分け前』 | トップページ | 『下り坂では後ろ向きに――静かなスポーツのすすめ』 »