« 『下り坂では後ろ向きに――静かなスポーツのすすめ』 | トップページ | 『記憶のちぎれ雲 我が半自伝』 草森 紳一 »

2012年5月29日 (火)

『閉じこもるインターネット――グーグル・パーソナライズ・民主主義』

2012年5月18日 『閉じこもるインターネット――グーグル・パーソナライズ・民主主義』  イーライ・パリサー  早川書房

 「あなたが見ているネットは、わたしが見ているネットと同じではない。
    広告から検索結果まで、あらゆる情報がカスタマイズされるいま、グーグル、フェイスブック、ツイッターの未来について考えることは『政治』そのものなのだ。」
   
 『閉じこもるインターネット』の帯に書かれている東浩紀の文章が、この本の内容を端的に言いあらわしている。
 毎日のように、グーグルで検索し、アマゾンで本をチェックしている。
 グーグルで法律に関わることを検索していると、上の方に、法律事務所の広告がでてくる。この弁護士がこのような宣伝のしかたをしているのかと思うことがあるが、クリックすることもないし、目障りに感じていることの方が多い。
 検索しているときも、でてくる事項も、何となく偏っているような気がすることが多くなった。20-30と検索していかないと、知りたいと思った未知のことがらがでてこない。
 アマゾンの場合は、探している本のテーマや著者の一覧や、関連事項がでてくるので、利用することが多いが、アマゾンに注文することはない。書店で本を買う。急ぐときは、書店に電話をいれ、在庫を確認し、取りにいく。時間があるときは、書店の棚を覗いてみる。別の視点から関連書がみえてくる、ときには、探している本とは別の本に目がいき、衝動買いをする。
 アマゾンの場合も本の広告が出てくる。この広告がなぜでるのだろうかと思うことがあるが、前に検索した事項の関連であると気づく。ただ、私の場合は、自分の趣味や関心で検索するのではなく、リサーチがてら検索していることも多いので、出てくる広告が目障りになる。しばらく、スクロールしないと、ほしい情報に届かない。
 ネットを利用していると、無為に時間を過ごしていると、感じることが多くなった。

 インターネットが利用されるようになったとき、私たち一人一人が情報を情報を享受し、発信できる手段を得たということがもてはやされたし、すごく手軽に、情報を集め、発信できるようになった。最初のころのグーグルは、シンプルでよかった。検索した情報を取捨選択しているうちに、自分の考えの方向性を定め、関連する書籍を読んで確認し、思索することができた。
 ところが、最近、グーグルもアマゾンも、個人の志向・思考・嗜好にあわせて情報を提示してくるようになった。膨大な情報量を個人が処理するには限界があるので、それを利用者一人一人にあわせてコンピューターが情報を整理する。
 これをカスタマイズ化、パーソナライズ化という。
 「新しいインターネットの中核をなす基本コードはとてもシンプルだ。フィルターをインターネットにしかけ、あなたが好んでいるらしいもの-あなたが実際にしたことやあなたのような人が好きなこと-を観察し、それをもとに推測する。これがいわゆる予測エンジンで、あなたがどういう人でなにをしようとしているのか、また、次になにを望んでいるのかを常に推測し、推測のまちがいを修正して精度をたかめてゆく。このようなエンジンに囲まれると、我々はひとりずつ、自分だけの情報宇宙に包まれることになる。わたしはこれをフィルターバブルと呼ぶが、その登場により、我々がアイデアや情報と遭遇する形は根底から変化した。」(p19)
 著者は、次のことを指摘する。
 ①フィルターバブルにより、情報の共有が体験の共有を生む時代において、自分と同じ価値観や考え方など狭い情報にのみ出会うことになり、一人一人が孤立していく。
 ②(朝日新聞、産経新聞、赤旗などの新聞を読む場合など、)多くの人は接するメディアが政治的に偏向していることをわかったうえで読んでいるが、グーグルの場合は、利用者に提示する結果がどうしてそうなっているのかも教えないし、自分に対する想定が正しいのか、まちがっているのもわからない。さらには、自分に対する想定があることすら気がつかないことがあるとする。
 ③ そして、パーソナライズされたフィルターの場合、自ら選択するのではなく、向こうが勝手に選んでくる。しかも、フィルターはウェブサイトに利益をもたらすために使われている。

 私たちが便利、魅力があると利用しているものの背景には落とし穴があるということである。朝、新聞の一面や政治欄からじっくり読む人は少ないかもしれないが、見出しに目がいくことがあるし、ときには見出しにひかれて読むことがある。新聞は、公平、公正な視点から、記事をレイアウトし、見出しをつくっているが、それでも、偏向しているという批判を受ける。私たちは、そのようなことを考えながら、読むものを選択している。時には、新聞社の記事を比較することも容易である。
 しかし、ネットの場合、私たちではなく私向きに情報をパーソナライズしているのか知りようがないし、他と比較する術がない。

 フェイスブックの場合も、「いいね」と反応することは一見面白そうな仕組みだが、よく考えると、世の中を「白か黒か」で単純に色分けする行為は、対立を激化させたり、多数が少者を押しつぶすことになる。自分で考えずに、判断を他人に頼るようになる。

 私たちが発信する情報量は、膨大なスピードで増えている。グーグルがデータ処理のために必要なコンピューター容量も膨大となり、電力消費も飛躍的に増えており、とどまることを知らない。地球温暖化に対する影響も大きいだろう。

 『閉じこもるインターネット』は、私たちの世界が広くなる手段と思えたインターネットが、人を支配し、コントロールする手段に変わりつつあるということに警鐘をならす。
是非、一読してほしい本である。

|

« 『下り坂では後ろ向きに――静かなスポーツのすすめ』 | トップページ | 『記憶のちぎれ雲 我が半自伝』 草森 紳一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『閉じこもるインターネット――グーグル・パーソナライズ・民主主義』:

« 『下り坂では後ろ向きに――静かなスポーツのすすめ』 | トップページ | 『記憶のちぎれ雲 我が半自伝』 草森 紳一 »