« 『20』  堂場 瞬一 | トップページ | 『フライングガールズ 高梨沙羅と女子ジャンプの挑戦』 »

2013年11月24日 (日)

少年スポーツと教育の未来 勝つことよりも大切なこと

少年スポーツと教育の未来 勝つことよりも大切なこと 三浦 捷也 (著)  角川学芸出版 (2013/3/23)
 
  三浦捷也氏は、昭和16年生まれの歯科医師で、昭和53年に秋田リトルリーグを立ち上げ、長年、少年野球の指導をしている方です。
 スポーツの周辺から、様々なスポーツをウオッチングしている者として、少年野球は、身近なスポーツである反面、問題も多い。特に、熱心な指導者であればあるほど、自己の狭い経験主義に頼る指導やチーム運営が目につくし、保護者側の過度な干渉もあります。 三浦氏は、このような少年スポーツに現状に、警鐘をならし、長年、教育・スポーツ関連の講演会を開催しています。
 三浦氏は、この本の「はじめに」で、以下のように述べています。
 「 少年スポーツの意味•価値•役割などについて、大人の都合•立場・打算を捨て、現実に目を背けることなく、いまこそスポーツ少年の側に立ち、未来を見据えたスポーツ議論が必要なのではないか。スポーツとは本来遊びであり楽しむものである。そして楽しいからこそ自発的に行われるものであるはずだが、この基本を見失うと、選手たちはただ罰を恐れ、罰を回避するためにプレイするようになる。さらにこのような罰がエスカレートすると、やがて体觀を生み出す温床となつてしまうのか。こうなるともはやスポーツとはいえず、その最も重要な教育的要素も失われてしまう。
日本では戦前より、学校を基盤にスポーツが発展してきた。学校でスポーをするためには何らかの教育的な理由が必要であり、そこで注目されたのが「道徳的な心の教育」だった。やがて「子どもの心は態度に表れる」として、運動部活動において学生•生徒が顧問教諭に従順な態度をとるよう体罰が行われるようになったのだ。このような体質は戦後になつても本質的に変わつておらず、歴史と教育制度が絡み合つたこの構造を俯瞰する視点を持たない限り、この問題を解きほぐすのは難しいだろう。」
として、さらに
「最近ではジュニア選手の育成•甲子園球児の育成.を、熱心に進めている学校や各競技団体は多い。しかし、体罰はもってのほかだが、ゆがんだ勝利至上主義やスパルタによる指導は選手たちを萎縮させ、創造性や自主性だけでなく、少年らしい美しい笑顔や明るさのつぼみすらも摘み取ってしまっていることが多い。子どもたちに.スポーツの楽しさ、喜びを実感できる環境を整え、その人格形成に寄与することにこそ、少年スポーツの真の意義があると思われてならないのである。」
 
 秋田県では、夏の甲子園14連敗が議会で問題にされ、「甲子園で活躍できるチームの育成」を目指した秋田県高校野球強化プロジェクト委員会が発足し、「5年間で4強」を目標に、県高校野球総合的戦略を発表した。
 三浦氏は、「『高校野球→甲子園→勝つこと→地域を元気にする』の構図が常態化しているが、高校野球には、甲子園以外にもっと大切な目的があることを忘れている。そのことこそが、高校野球の深刻な問題だ。」「こうした現状にもスポーッの本質を何一つ語らず、目先のことしか考えない県民のスポーツ感覚の貧困さも気になる。『甲子園で活躍できるチームの育成」には当然、技術の強化と、戦術、戦略などの向上が重要になってくるが、その前に、「高校野球とは何ぞや」の議論がいま求められている。」と断言する。

 同感である。高校野球をオリンピックに置き換えてみよう。
 東京オリンピックの招致決定により、『スポーツ→オリンピック→金メダル→国を元気にする』という単純な構図が常態化してしまっている。「スポーツには、オリンピック以外にもっと大切な目的があることを忘れている。」「こうした現状にもスポーツの本質を何一つ語らず、目先のことしか考えない日本国民のスポーツ感覚の貧困さも気になる。」
 このように言い換えてみると、日本のスポーツの現状、スポーツ文化の貧困さが浮かび上がってくる。
 
 この本で、「あとがき」で、三浦氏は、このように書いている。 
  「小学生時代は、近所の友だちと日が暮れるまで、夢中になつて三角べースに興じ、遊びのなかからスポーツの楽しさ、ル―ルの大切さ、仲間を思いやる気持ちなどを学んたように思う。」
  兵庫県の山間部で、育った私に同じ経験がある。
  考えてみると、世の中、このような経験をもつ者はほとんどいないのかもしれない。
  三浦氏の少年スポーツに対する思いも、ないものねだりになってしまったのだろうか。
  この疑念をぬぐい去るためにも、言い続けなければならないことがあるのだと、自分に言い聞かせながら、この本を読み終えた。

|

« 『20』  堂場 瞬一 | トップページ | 『フライングガールズ 高梨沙羅と女子ジャンプの挑戦』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少年スポーツと教育の未来 勝つことよりも大切なこと:

« 『20』  堂場 瞬一 | トップページ | 『フライングガールズ 高梨沙羅と女子ジャンプの挑戦』 »