2013年1月 6日 (日)

映画『脱線情熱娘』

2013年1月6日 映画『脱線情熱娘』

 笠置シヅ子が主演したミュージカル仕立ての映画『脱線情熱娘』に、スポーツを語る場面がある。気になっていたので、ビデオをチェックしながら、会話を再現してみた。
 都会からきた者と田舎で文化村をつくろうとしている者たちがけんかとなりそうな場面に警官が止めにはいる。

 警官
  「けんかはいかん。暴力はいかん。文化村の体面に関わる。
 占い師(大辻司郎)
  「暴力はいけないよ。日本は戦争をやめたよ。
  警官
   「そうだ、日本は暴力を否定した。暴力は文化の敵である。。
  占い師
   「ただ、ひとつ暴力と文化が結びつくものがある。それは、すなわち、スポーツである。暴力も文化的表現、すなわち、スポーツ・・」

 ということで、ケンカの代わりに、拳闘大会をすることになるのだが、拳闘の試合でどちらが勝つかということになり、全財産を賭けてしまう。
 
 この映画は、1949年に制作されたものであるが、この頃から、「スポーツは文化」という考えがあったことは分かるのだが、「暴力も文化的表現、すなわち、スポーツ・・」というフレーズは、「スポーツも暴力を伴う文化的表現」ということなのだろうか。意味深な言葉ではと考えてしまった。
 そして、勝ち負けのの結果を伴うスポーツは、賭けの対象となっていくことも自然の摂理のように思われる。

 新藤兼人と山本嘉次郎の共同脚本になるドタバタ映画(監督は大庭秀雄)なのだが、他愛もない会話といえばそうなのだが、随所に、高尚なものを秘めているように思えてくる。
 そして、文化村の拳闘選手の名前が、文化村の「原子爆弾のてつ」「ピカドンのてつ」というのにはつい笑ってしまうのだが、広島・長崎に原爆が落とされて3年たらずの頃に、すでに、このような言葉を使っていることに驚きを覚えた。今であれば、言葉狩りにあうことが必至である。当時のおおらかさが懐かしいというと語弊があるだろうか。

 当時、ブギの女王として抜群の人気を誇った笠置が主演で、成り上がりの金持ちの娘という設定であるが、主演歌のうまさが抜群にもかかわらず、雰囲気はただのおばさんというのがおかしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

「虎の尾を踏む男」

  ○2006年10月29日(土)
           「虎の尾を踏む男」黒澤 明 監督

 久しぶりに、わが家で、DVDを観た。このところ、忙しかったこともあって、DVDを観ることがなかった。
 家でテレビを観るといっても、ケーブル・テレビでスポーツと映画を観るくらいであったが、途中で寝てしまい、映画も最初から最後まで見ることができない。
 DVDを観ていても途中で寝てしまうので、全部を見終わるのに、何日もかかることが多い。
 今日は、黒澤明の『虎の尾を踏む男』を一気に観た。といっても、この映画は、58分という短い映画なので、観ることができたのにすぎないのだが・・。
 黒沢のこの映画については、何の予備知識ももっていなかった。というよりも、どういうわけか、この映画を『野良犬』のような現代物のサスペンス映画であると思い込んでいた。
 大河内伝次郎、藤田進、志村喬らが扮する山伏姿で現われる。能の安宅、歌舞伎の勧進帳の話である。兄の源頼朝に疎んじられ、東北に落ちのびていく源義経の話である。北陸の安宅の関を守る富樫と弁慶のやりとりの名場面を歌舞伎そのままの筋書き通りに話が進んでいくのであるが、榎本健一を狂言回りの役に配し、ミュージカル仕立てにしているのである。
 この映画が、1945年という戦時中に作られたということが信じられなかった。セットもほんのわずかで、金がかかっていない映画であるが、作り手の精神が非常に贅沢な映画である。
 最後の榎本健一が踏む六方も歌舞伎の作法通りに決めていき、最後にこける様子だけでも一見の価値がある映画である。浅草の舞台の質の高さと、歌舞伎役者直伝の六方を会得したエノケンの芸の神髄を垣間見せてくれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

『16ブロック』

○2006年10月14日(土)
     『16ブロック』 リチャード・ドナー監督

 秋晴れの土曜日である。事務所で、数時間仕事をしていたが、映画を観に行きたくなった。二日酔い気味なので、『ブラックダリア』を観るだけの気力はなかった。
 というわけで、ブルース・ウィリス主演の『16ブロック』を観ることにした。上映時間まで、1時間近くあるので、運動がてら、渋谷の映画館まで歩いて出かけた。
 チケットを購入し、サウンドトラック専門のレコード・ショップを覗いてから、映画館に入ったのだが、初日にもかかわらず、観客は3分の1程度しか埋まっていなかった。
 ウィリスは、警察署から、16ブロック先にある裁判所まで、証人を連行することになる。ケーキ屋を開くことを夢みる若い黒人の証人は、警官が人を殺したことを証言する予定になっており、審理が開かれるまでに、裁判所に連行する必要があった。
 証人の出頭を妨げようとして、悪徳警官の仲間たちが2人を襲撃してくるのを、ウィリスがどう守り、反撃するのかという定跡通りの展開の映画である。クリント・イーストウッドの映画『ガントレット』にも、証人を連行する刑事の話があったが、証人の女性と刑事のはなしであったが、『16ブロック』は黒人の青年と刑事の話の設定になっている。 『ガントレット』にはロードムービー風の趣があるが、ニューヨークの『16ブロック』というごみごみした街中や建物の中を舞台とするこの映画には、風情というものはなく、次々と攻撃を受け、逃げ、反撃をするというせわしない展開の上に、誰が誰なのか、よく分らなくなる。ということは、襲ってくる刑事達の描きわけがうまくないからなのだと思うのだが、銃撃音で転換する場面の展開に引きずられて最後にたどりつくのだが、ただ、それだけの映画であった。
 ウィリスという俳優は、映画ごとにイメージが変わる。メイキャップのうまさにもある
が、平凡な風貌の俳優の役作りという見方をすると、興味が深まるなと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

『上流社会』

○2006年5月24日(水)

『上流社会』 監督チャールズ・ウオルターズ
 バスの中で、サッチモことルイ・アームストロングが歌っている。
 バスは、カリフォルニアの高級避暑地のニューポートに向かっているのだが、サッチモは、ビング・クロスビーの別れた妻(グレイス・ケリー)の結婚式を壊すのだと狂言回し風の歌詞の歌を唄っている。

 スキャンダル雑誌スパイの記者として、この結婚式を取材しに乗り込んでくるのが、フランク・シナトラである。クロスビーの家とケリーの家が庭続きで、互いに行き来ができるのだが、これにケリーの叔父さんの家が出て来たりして位置関係がよくわからない。ニューポートの住宅地を俯瞰する空撮で始まるのだから、もう少し、手際よく、家の位置関係をうまく見せることができたのではないだろうかと、こんがらかった頭のなかで思ってしまう。
 ストーリー自体、シナトラとケリーが恋に落ちて行き、キスをしたりなど、途中、クロスビーとシナトラが恋敵になってしまうの?と思わせながらも、クロスビーとケリーがよりを戻すというお手軽な展開である。
 軽々しく唄うクロスビーに対し、シナトラの方は、少し歌い方が堅く感じ、さすがクロスビー、シナトラよりは上と感がした。
 この映画の音楽を担当したのはコール・ポーターである。クロスビーとケリーが歌うトウルー・ラブは大ヒットし、スタンダード曲となっている。ケリーが本当に歌っているのだろうか?
 た久しぶりに、シナトラの歌を聴いてみようと思い、CDを引っ張り出した。あらためて、聴くと、メリハリの効いたシナトラの歌も結構いいなとも思ってしまった。聴いたのは、1953年から1962年にかけてのヒット・コレクションだから、油ののった時期のもので、バックもジャージーにスイングしている。晩年のシナトラを聴くと、また、印象が異なってくるだろうなと思いながら、この文章を書いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

 『文化財保存支援機構』

○2006年5月21日(日)
  『文化財保存支援機構』
 一足早い、台風の影響も収まり、さわやかな日曜日の朝、清澄白河の駅で地下鉄を降り、深川の町並みを抜けて、東京都現代美術館にでかけた。
美術館では、カルチエ・コレクションの展覧会が開かれているが、今日、来たのは、この展覧会が目的ではなく、地下の研修室で、NPO法人JCP(文化財保存支援機構)の定例総会と事業報告会が開かれるからである。
 JCPは、文化財の保存・修復を目的としている。文化財の技術者や専門家を中心メンバーとするNPO法人なのだが、縁あって、門外漢の私は、6年前の発足時から理事をしている。
 午前中の定例総会では、決算、予算、今年度の事業計画等の審議がおこなわれた。それなりに、事業規模が拡大しているが、慢性的な資金不足に悩んでいる。積極的な活動を展開するためには、広報活動を充実する必要があるのだが、そのためには先立つものが必要だということになり、堂々巡りの議論となりがちである。
 午後に開かれた事業報告会は、いずれも、JCPの会員が携わった文化財保護活動の報告である。
 最初の報告は、鷹島海底遺物の保存事業である。13世紀後半に、蒙古が日本に襲来し、神風が吹き、襲来した蒙古の船が沈んでしまった話はよく知られているが、沈んだのは鷹島付近で、その船の数は4400隻と聞いて驚いた。1隻に何人乗っていたのか分らないが、相当の数の人が乗っていたのであろう。全員、海の藻屑になったのではなく、上陸した者もいるだろうし、陸では壮絶な戦いが行われたはずであるが、このあたりの知識は全くない。今度、機会があったら、蒙古襲来の書籍を探してみようと思いながら、話を聞いた。海底から見つかったのは、鉄製品、非鉄製品、漆製品などであるが、いずれも、腐食が激しい。保存修復といっても、文化財の場合には、新品のように修復するのではなく、現在の状況から、腐食等が進行しないように処置することが多い。
 海底遺物については、特に、海底で見つけたということが重要なので、砂などを取り除くクリーニングをして、腐食が進行しないように、脱塩処理をすることにしたとのことであった。
 2番目の報告は、台風による高潮被害を受けた観音寺市の郷土資料館の文書の緊急保存措置である。資料館は基礎部分から140cm浸水したために、展示中の資料や、ロッカーに保存していた資料が水損したのである。水浸しになったといっても、ただの水ではなく、汚水も混じっている。放っておくと、すぐに腐ってくる。腐敗の進行を止めるにはまず冷凍するのが手っ取り早く、その上で保存措置を行うことになるが、一般にある冷蔵庫も業務用の冷蔵庫も、食品保存のためのものであるが、水損した資料を入れるには衛生上の問題があるので使えない。
 緊急措置として、どこにであるコピー用紙を使って、資料の一枚、一枚の間にはさみ、湿りを取る。キッチン・ペーパーを使ってもいい。
状態の悪い資料については、一枚一枚、水に浸して洗い、キッチン・ペーパー等に挟み、乾かす作業をする。気の遠くなりそうな作業だが、この方法は素人でも、応用できる。
 我が家でも、雨水が漏水して、本棚一つが濡れてしまったことがあった。一枚、一枚というわけにはいかなかった、乾かしてもぼさぼさになってしまったが、雨水はきれいであったので、読むのには差し支えなかったが,汚水であれば捨てるしかなくなる。新潟の中越地震でも、蔵などが崩壊して、雨ざらしになってしまったものも多いという。
   最後の報告は、中国が敦厚で行っている壁画の修復事業への技術協力である。東京文化財研究所が中国と行っている壁画修復に関する共同研究に、JCPは技術面で協力している。敦厚には、多くの洞窟があり、壁画がある。現在、修復を行っているのは、53窟であるが、水没したこともあり、非常に状態が悪い。これまで行われていた修復も試行錯誤している。修復の方法を見極めていくことは難しいものだということをあらためて認識した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

 『 ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』

○2006年3月18日(土)
 『 ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』 監督ジェームズ・マンゴールド

 30数年前、ラスベガスのホテルで、ジョニー・キャッシュのライブを観にいったことがある。ドラッグに溺れた生活からカムバックを果たした監獄フォルサム・プリズンでのライブを行ったのが1968年であるから、その数年後のことである。
 ジョニー・キャッシュの低音でたたきつけるように歌い方には、ボブ・ディランのそれとは異なる魅力に溢れていた。ハンク・ウィリアムスのLPレコードを買いあさっていたことはあるが、カントリーのことはよく知らないし、今でも、そうである。
 新宿の東急ハンズで、買い物をした後、タイムズ・スクエアーで、『 ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』を観た。
 子ども少年時代に兄弟を亡くし、歌手として成功をした後にも、そのトラウマのとらわれ、ドラッグに溺れ、再起を図るというそのストーリーは、レイ・チャールスの伝記映画『RAY/レイ』と全く同じである。
 ジェイミー・フォックスの演じるレイの仕草が非常に似ていたが、ホアキン・フェニックスのキャッシュは、イメージとは相当異なり、最初は違和感があった。しかし、話が進む内に、その違和感が消えていった。ホアキン・フェニックスの歌が、キャッシュのそれに二重写しになっていくのである。歌い方は似ているが、キャッシュのそれとは明らかに異なるのだが、思いのたけをたたきつけるような歌い方がキャッシュの思いのたけと重なり合い、記憶の底にしみついているキャッシュの歌声にラップしていく。RAYのときにも、これに似た感覚に陥ったが、こちらの映画の方がよりその思いが強かった。
 映画の作りも似ているし、ストーリーも単純、演技の方もすばらしいとまでは言い切れない。ソウル・ミュージックとカントリー・ミュージックという違いかといっても、そのサウンドの共通している。この映画でも、そっくりさんが登場するジェリー・リー・ルイスやエルヴィス・プレスリーのロック・サウンドが登場するが、ソウルとカントリーのサウンドから生まれていることがよくわかる。
 何が違うのかというと、リーズ・ウィザースプーンが演じるジューン・カーターの存在である。キャッシュとジューンのデユエット・シーンが何度も出てくるが、最後のクライマックス、キャッシュはジューンと舞台上で、「ジャクソン」を歌いながら、プロポーズをする。これぞ、カントリーのデユエットの真骨頂の世界を見せつけてくれる。
 RAYでは、差別を受けたジョージア州で、「ジョージア」を歌うレイも感動的であったが、単純な言葉で生活をつづるカントリー・ソングのよさがそのまま、『 ウォーク・ザ・ライン』の世界につながってくる。この小さな幸せの世界に・・・ 

| | コメント (1) | トラックバック (0)